ニュース
» 2018年06月25日 11時00分 公開

Java SEの全てのライセンシングおよびサポートニーズをカバー:Oracle、「Java SE」の新しいサブスクリプションモデル「Java SE Subscription」を発表

Oracleは、「Java SE」の新しいサブスクリプションモデル「Java SE Subscription」を発表した。Javaを本番環境で使用している企業へのサポートを充実させる狙いだ。

[@IT]

 Oracleは2018年6月21日(米国時間)、「Java SE(Standard Edition)」の全てのライセンシングおよびサポートニーズをカバーする新しいサブスクリプションモデル「Java SE Subscription」を発表した。Javaを本番環境で使用している世界中の多くの企業へのサポートを充実させるためとしている。

 Java SE Subscriptionは企業に対し、ソフトウェア性能、安定性、セキュリティに関わるJavaプラットフォームのミッションクリティカルなアップデートを、タイムリーに入手できることを保証する。またJava SE Subscriptionは、Oracleが長年にわたって継続してきた無料のJava SEのリリースと、OpenJDK(Open Java Development Kit)エコシステムのスチュワードシップ(管理)を補完する。このエコシステムの中でOracleは現在、商用サポートやエンタープライズ管理ツールが不要な開発者や組織向けに、オープンソースのOpenJDKのバイナリを開発している。

 Oracleによると、Java SE Subscriptionが提供する商用ライセンスでは、商用の機能およびツールを利用することが可能だ。例えば、社内で使われているJava SEデスクトップの特定や管理、チューニングが可能な「Java Advanced Management Console」がその1つだ。また商用ライセンスでは、Java SEの現行および従来バージョンの「Oracle Premier Support」も利用できる。

 OracleはJava SE SubscriptionのFAQページを用意し、こうした詳細情報を提供している。

Java SE Subscriptionsのページ

 OracleのJavaプラットフォームグループ担当バイスプレジデントを務めるジョージ・サーブ氏は、「Oracleは、オープンソースのJava SEと商用サポートされているJava SEの両方について、イノベーションや安定性、パフォーマンスを支え、セキュリティアップデートを提供している。Java SEへの長期にわたる投資を生かし、予測可能でタイムリーなアップデートの提供を顧客に保証する」と述べている。

 RedMonkのアナリストで共同創業者のジェームズ・ガバナー氏は、次のように指摘している。

 「アップデートとサポートのサブスクリプションモデルは、Linuxエコシステムでは以前から定着している。一方、人々は、製品よりもサービスにお金を払うことに慣れてきている。Oracleが企業顧客のために、サービスベースの調達モデルに合った月決めのJava SEサブスクリプションを提供するのは、自然な流れだ」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。