Special
» 2018年07月13日 00時00分 公開

【ホワイトペーパー/事例】 デル株式会社:PCの標準機採用&レンタル化から生まれた、ヘルプデスク業務“ゼロ”環境

事業部門別のバラバラなPC調達が招いた非効率な環境を、ヘルプデスク業務がほぼゼロになるほどの安定稼働に生まれ変わらせた本田金属技術。劇的な環境改善を実現した秘訣を同社に聞いた。

[PR/@IT]
PR

 公開日:2018/05/21   フォーマット:PDF   種類:事例 
 ページ数・視聴時間:4ページ   ファイルサイズ:864KB 

要約

 アルミ系合金の部品メーカーである本田金属技術では従来、600台に及ぶPCの機種を事業部門それぞれが選定し、IT部門で調達・運用管理を一括して行う体制を取ってきた。結果として、メーカー・機種・モデルが異なるPCが社内に混在する上、導入台数も更改時期もバラバラという非効率な調達・運用管理体制が出来上がってしまった。

 この課題を解決しようと、同社はPC調達の一本化と買い取りからレンタルへの切り替えを実施した。初期費用とIT予算の都合から更新に制約が掛かれば、ユーザビリティにも運用管理にも悪影響を与える。一本化により効率化するとともに、レンタルによるPC更改の自由度を高める狙いだった。

 だが、メーカーを絞り込むだけでは運用管理の業務負荷を大きく低減するには至らなかった。そこで最後のひと押しとなったのが、性能にこだわった標準機の選定だ。いまやトラブル対応のヘルプデスク業務がほぼゼロという安定稼働をどのように実現したのか。本資料で同社の手法を詳しく解説する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2018年7月13日

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。