ニュース
» 2018年07月23日 12時40分 公開

ファイルサービスをAzureで集中管理、ローカルデータアクセスも維持:Microsoft、「Azure File Sync」を正式リリース

Microsoftは、クラウドとオンプレミスファイルサーバの両方のメリットを享受できる「Azure File Sync」の正式提供を開始した。

[@IT]

 Microsoftは2018年7月19日(米国時間)、クラウドとオンプレミスファイルサーバの両方のメリットを享受できる「Azure File Sync」の正式提供を開始したと発表した。

 Azure File Syncを使用すると、「DFSレプリケーション(DFS-R)」を使ってオンプレミスのWindows Server間でデータをレプリケートするような使い勝手のまま、オンプレミスのWindows Serverから「Azureファイル共有」にファイルをレプリケートできる。

 Azure File SyncでAzure上にデータのコピーを置けば、クラウドティアリングを有効にして、使用頻度の高いデータや最近アクセスしたデータだけをオンプレミスに保存できる。

 さらに、Azure上にデータのフルコピーを置くため、任意の数のサーバをAzureファイル共有に接続し、ユーザーがどこにいても、高速データキャッシュにアクセスできるように設定できる。

 Microsoftは、「簡単に言えば、Azure File Syncにより、ファイルサービスをAzureで集中管理しながら、ローカルデータアクセスを維持できる」と述べている。

データのコピーをクラウドに置くと何が起こるのか

 データのコピーをクラウドに置くことで、可能になることは他にもある。例えば、Azureの「高速ディザスタリカバリ」機能を使って、停止したサーバをほぼ瞬時にリカバリーできる。また、ローカルサーバでどのような問題(更新の失敗、物理ディスクの損傷など)が発生しても、クラウドにデータの完全な回復コピーがあるため、安心できる。新しいWindows Serverを既存のSyncグループに接続するだけで、すぐに名前空間が使えるようになる。

 Microsoftはパブリックプレビュー版を2017年9月にリリースした後、今回の正式版のリリースまでに、ユーザーのフィードバックを基に、Azure File Syncにさまざまなイノベーションや改良を加えたとしている。主なものは以下の通り。

  • Syncとクラウドティアリングのパフォーマンス、スケーラビリティ、信頼性の向上:Azure File Syncの正式版では、アップロードのパフォーマンスが2倍に向上、高速ディザスタリカバリのパフォーマンスがハードウェアに応じて4〜18倍に向上している。クラウドティアリングバックエンドのアーキテクチャを見直し、より高速で信頼性の高いティアリングをサポートするようにした。
  • Azure File Syncポータルの使い勝手の向上:ポータルを改良し、アップロードの進度を明確に表示するようにした。加えて、管理者が日々の業務に集中できるように、管理者の行動につながるエラーメッセージだけを表示するようにした。
  • ジオ冗長ストレージ(GRS)との統合による包括的なディザスタリカバリー:高速ディザスタリカバリはオンプレミスの障害に対応している。Azure File Syncの正式版では、ジオ冗長ストレージの回復設定とのエンドツーエンドの統合により、Azureリージョンを支えるデータセンターに影響する障害にも対応できるようになった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。