連載
» 2018年07月31日 05時00分 公開

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(115):Windows Updateの不都合な現実 (1/2)

2018年7月11日の定例のWindows Updateは、更新プログラムが提供された全てのWindowsに共通の既知の問題が複数あり、翌週17日にその問題を修正する更新プログラムが提供されました。そこから見えてくる、Windows Updateの問題点とは?

[山市良,テクニカルライター]
「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

Windowsにまつわる都市伝説

はじめに、Windows Updateの「高速インストール」について

 既にご存じの方は多いでしょうが、Windows 10の品質更新プログラムは主に「累積更新プログラム(Cumulative Update)」として提供されます。

 ここからはあまり知られていないと思いますが、Windows 10のWindows Updateは、インストールが必要な累積更新プログラムを検出すると、「高速インストール(Express Update)」を選択します(利用可能な場合)。

 以降は筆者の想像も含みますが、高速インストールでは、まず更新されたコンポーネントのカタログを含む「高速インストールパッケージ」(*x86/x64-express.cab、これには更新プログラム自体は含まれていません)をダウンロードして展開し(.xml、.cat、.mum、.manifestなど)、システムをスキャンして、更新が必要なコンポーネントの更新ファイルをダウンロードするというような動きをします。そのため、実際のダウンロードサイズが少なくて済むというメリットがあります。

 通常、毎月第二火曜日(日本ではその翌日の水曜日)にリリースされる累積更新プログラムでは、高速インストールが利用可能です。これは、2016年10月以降のWindows 7/8.1、Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2の「セキュリティマンスリー品質ロールアップ」(Monthly Rollup)や「セキュリティのみの更新ロールアップ」(Security-Only Update)でも同様だと思います。

 これまで高速インストールは、Windows Updateと「Windows Server Update Services(WSUS)」で利用できました。以下のMicrosoftの公式ブログで説明されているように、2017年1月からはサードパーティーのパッチ管理ツール向けにもこの方式が公開されているそうです。

 Microsoft Updateカタログでは、累積更新プログラムの「フルパッケージ」(*-x86/x64.msu)と「差分(Delta)パッケージ」(*-x86/x64_delta.msu)が提供されています。差分パッケージは高速インストール(Express)パッケージとは異なり、前回の累積更新プログラムとの差分を含みます。

 Microsoftの公式ブログでは、サードパーティーへの高速インストールの公開に伴い、2019年2月から、差分パッケージの作成を終了する予定であることが示されています。

 現在、Microsoft Updateカタログでは、毎月第二火曜日リリースの累積更新プログラムについては差分パッケージが提供され、それ以外にリリースされる累積更新プログラムについてはフルパッケージのみが提供されています。2019年2月の第二火曜日のリリースを最後に、つまり2019年3月からは差分パッケージは利用できなくなるということです。

 Microsoftの公式ブログでは「フルパッケージによる更新(Full Update)」「高速インストールパッケージによる更新(Express Update)」「差分パッケージによる更新(Delta Update)」の違いについても詳しく説明されているので、特にシステム管理者やITプロフェッショナルの方は、一度目を通しておくことをお勧めします。筆者も個人ブログでこれらの違いをまとめているので、参考にしてください。

翌週に修正された2018年7月第二火曜日の更新の問題

 Windows Updateの更新パッケージと3種類の更新方法を知っていただいたところで、2018年7月第二火曜日リリースの更新プログラムの問題と絡めて、“Windows Updateの不都合な点”を明らかにしたいと思います。

 2018年7月第二火曜日にリリースされたWindows 10とWindows Server 2016以降の累積更新プログラム、Windows 7/8.1とWindows Server 2008 R2/2012/2012 R2のセキュリティマンスリー品質ロールアップ、セキュリティのみの更新ロールアップ、Windows Server 2008 SP2(2018年9月から累積モデルに移行予定)のセキュリティ更新、これら全てに共通する複数の不具合(3つまたは4つ)が「既知の問題」として報告され、翌週16日(日本では17日)に、この問題を修正するだけの更新プログラムがリリースされました。

 いずれも更新された「Tcpip.sys」が原因で発生した問題のようです。以下の表1に問題を含む更新プログラムと、その問題を修正する更新プログラムをまとめました。

Windowsのバージョン 問題を含む2018年7月の更新 修正版(2018年7月第3週リリース) サイズ
Windows 10 version 1803
Windows Server,version 1803
KB4338819(Build 17134.165) KB4345421(Build 17134.167)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345421
x86:374.8MB
x64:678.2MB
Windows 10 version 1709
Windows Server, version 1709
KB4338825(Build 16299.547) KB4345421(Build 17134.167)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345421
x86:461.4MB
x64:836.1MB
Windows 10 version 1703 KB4338826(Build 15063.1206) KB4345419(Build 15063.1209)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345419
x86:682.3MB
x64:1211.6MB
Windows 10 version 1607
Windows 10 Enterprise 2016 LTSB
Windows Server 2016
KB4338814(Build 14393.2363) KB4345418(Build 14393.2368)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345418
x86:680.3MB
x64:1300.6MB
Windows 10 Enterprise 2015 LTSB KB4338829(Build 10240.17914) KB4345455(Build 10240.17918)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345455
x86:468.4MB
x64:905.8MB
Windows 8.1
Windows Server 2012 R2
KB4338815(Monthly Rollup)またはKB4338824(Security-Only) KB4345424
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345424/
x86:24.1MB
x64:39.0MB
Windows Server 2012 KB4338830(Monthly Rollup)またはKB4338820(Security-Only) KB4345425
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345425/
x64:40.9MB
Windows 7 SP1
Windows Server 2008 R2
KB4338818(Monthly Rollup)またはKB4338823(Security-Only) KB4345459
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345459/
x86:23.9MB
x64:33.7MB
Windows Server 2008 SP2 KB4295656(Security Update) KB4345397
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345397/
x86:633KB
x64:838KB
表1 問題を含む2018年7月の更新プログラムと、その問題を修正する更新プログラム(Windows 8.1とWindows Server 2012 R2以前はこの一覧にはない「マンスリー品質ロールアップのプレビュー」でも修正されている)

 問題を修正する更新プログラムは、Windows 10とWindows Server 2016以降向けには、累積更新プログラムとしてWindows UpdateおよびMicrosoft Updateカタログを通じて、Windows 8.1とWindows Server 2012 R2以前向けには、その翌日に個別の修正プログラムとしてMicrosoft Updateカタログを通じて提供されました。Windows Server 2008 SP2については、オプションの更新としてWindows Updateで提供されました。

 また、個別の更新プログラムの翌日にリリースされたマンスリー品質ロールアップのプレビュー(2018年8月のセキュリティマンスリー品質ロールアップのプレビュー版)には、この問題に対する修正が含まれており、Windows Updateで配布されています。

 この問題に関する日本語の公式情報は、以下のブログ記事になります(注:一部のサポート情報のOS Build番号にミスがあります)。

 Windows 10 バージョン1709(Fall Creators Update)以降の場合、Windows Updateの「更新プログラム」のチェックをクリックしても、問題を修正する更新プログラムは検出されない場合があります。WSUSを利用していない場合、検出されない理由は「Windows Update for Business(WUfB)」ポリシーが設定されていることにあります。なぜそうなるのかは、本連載第111回をご覧ください。不具合の影響を受けていて問題を解消したいなら、Microsoft Updateカタログからダウンロードしてインストールしてください。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。