連載
» 2018年08月08日 05時00分 公開

Google Chrome完全ガイド:Google ChromeでWebサイトからの通知を止めるには?

Webサイトを渡り歩いていると、時々「通知の表示」の許可を求めるダイアログが表示されます。こうしたダイアログや通知そのものをデスクトップ版Google Chromeで止める(ブロックする)手順を説明します。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

連載目次

 Windows OSやmacOS、Linux向けのデスクトップ版Google Chrome(以下、Chrome)でWebサイトを渡り歩いていると、時々「通知の表示」の許可を求めるダイアログやメッセージが表示されることがあります。

通知の許可を求めるダイアログの例(Facebook) 通知の許可を求めるダイアログの例(Facebook)
通知の許可に関するメッセージの例(Slack) 通知の許可に関するメッセージの例(Slack)

 この通知には、「Webプッシュ」などと呼ばれる、Webサーバ側からWebブラウザへ何らかの情報をダイナミックに送信する技術が用いられています。Webサイトによっては、ユーザーに新着記事などのお知らせを伝えるのにこの技術を利用しています。

 そうしたWebサイトを最初に訪問したとき、デフォルトでChromeはユーザーに対し、その通知の表示を許可するかどうか確認します。それが上記のダイアログです。

 許可すると、以下のような通知がデスクトップに表示されるようになります。Webサイトによっては、通知を許可すると、頻繁にこうした通知が表示され、仕事に集中できなくなってしまうこともあります。

デスクトップに届いた通知の例(Google Chat) デスクトップに届いた通知の例(Google Chat)

 もしこうした通知が全く必要なければ、Chromeでは設定を変更することにより、通知やその許可を求めるダイアログの表示をブロックできます。本稿ではその手順を説明します。

通知の許可を求めるダイアログやメッセージを全面的に止めるには?

 ChromeでWebサイトからの通知に関する設定を変更するには、メニューボタンから[設定]−[詳細設定]−[プライバシーとセキュリティ]枠の[コンテンツの設定]−[通知]とクリックして、通知設定画面を開きます。あるいは、アドレスバー(オムニボックス)に「chrome://settings/content/notifications」と指定・実行してもよいでしょう。

通知の設定画面を開く(1/4) 通知の設定画面を開く(1/4)
通知の設定画面を開く(2/4) 通知の設定画面を開く(2/4)
通知の設定画面を開く(3/4) 通知の設定画面を開く(3/4)
通知の設定画面を開く(4/4) 通知の設定画面を開く(4/4)

 全Webサイトに渡って通知許可ダイアログ/メッセージを止めるには、通知設定の画面上部にある「送信する前に確認する」というスライドスイッチをオフにして、「ブロック」に変えます。

通知の許可を求めるダイアログが表示されるのを止める(1/2) 通知の許可を求めるダイアログが表示されるのを止める(1/2)
通知の許可を求めるダイアログが表示されるのを止める(2/2) 通知の許可を求めるダイアログが表示されるのを止める(2/2)

 ただ、これだけでは通知そのものは止められないことがあります。すでに通知を個別に許可していたWebサイトからは、引き続き通知が届きます。

いったん許可したWebサイトからの通知をブロックするには?

 通知が届いているWebサイトは、通知設定画面の「許可」という見出しのすぐ下に一覧で表示されます。もしここに、通知を受け取りたくないWebサイトが載っていたら、一覧から削除したり明示的にブロックしたりする必要があります。

いったん許可したサイトからの通知をブロックする(1/2) いったん許可したWebサイトからの通知をブロックする(1/2)

 右端に拡張機能のアイコンが右端に表示されているサイト/アプリは、拡張機能側で設定あるいは削除する必要があります。

 一方、メニューボタンが表示されているWebサイトについては、それをクリックして表示されるメニューで、以下のような設定ができます。

  • ブロック]: 通知を明示的に停止
  • 編集]: ドメイン名やスキーム(http/httpsなど)を修正
  • 削除]: 通知の許可を取り消し
いったん許可したサイトからの通知をブロックする(2/2) いったん許可したWebサイトからの通知をブロックする(2/2)

 今後、全く通知を受け取る必要がないWebサイトであれば、[ブロック]を選べばよいでしょう。以後、通知そのものと通知許可ダイアログの両方がブロックされます。

 一方、[削除]を選んだ場合、許可一覧から削除されるだけで、ブロックされるとは限りません。具体的には、[送信する前に確認する]設定になっていると、対象サイトを訪問したときに再度、通知許可ダイアログが表示されます。そこで許可すると、また許可リストに追加されて通知が届くようになるので注意しましょう。

「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

Google Chrome完全ガイド

Copyright© 1999-2018 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。