ニュース
» 2018年08月08日 11時00分 公開

国内BDAソフトウェア市場予測、2022年まで年成長8.6%で3800億円規模に DX推進がけん引――IDC調べ

IDC Japanの調査によると、2017年の「国内ビッグデータ/アナリティクス(BDA)ソフトウェア市場」は、前年比成長率9.4%の2517億7600万円の市場規模と判明。企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に伴い、年間平均成長率(CAGR)8.6%で成長を続け、2022年には3800億2400万円に達すると予測する。

[金澤雅子,ITmedia]

 IDC Japanは2018年8月7日、国内の「ビッグデータ/アナリティクス(BDA:Big Data and Analytics)ソフトウェア市場」の調査結果をまとめ、2022年までの同市場の予測を発表した。

 なお、IDCが定義するBDAソフトウェアには、「分析情報管理/統合基盤」「BI/分析ツール」「パフォーマンス管理/アナリティクスアプリケーション」が含まれる。

Photo 国内BDAソフトウェア市場2017年の実績と2018年〜2022年の予測(Source:IDC Japan 8/2018)

 調査結果によると、2017年の国内BDAソフトウェア市場は、前年比9.4%増の高い成長率を記録し、市場規模は2517億7600万円となった。IDCでは、データウェアハウスなどのプラットフォーム分野からCRM(顧客関係管理)などのアプリケーション分野まで、パブリッククラウド上のサービス利用に弾みがついており、市場の拡大に貢献していると分析。

 また、2022年までの予測期間は、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への投資がBDAソフトウェア市場の拡大にポジティブな影響を与えると予測する。

 2022年には国内BDAソフトウェア市場規模は3800億2400万円となり、2017年から2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は8.6%になると見ている。

 IDCでは、企業が高い生産性を備えたハイレベルなDXの取り組みを推進し、デジタルネイティブ企業に対抗するような競争力を確保するには、BDAソフトウェアを中核に据えた意思決定中心型のアーキテクチャを持つDXプラットフォームが求められることから、DXプラットフォームの実現に向けた動きが市場をけん引すると分析。特に「Hadoop」や「NoSQL」などのノンリレーショナル分析データストア、コグニティブ/AIソフトウェアプラットフォーム、コンティニュアスアナリティクスソフトウェアなどに多くの投資が行われると見ている。

 そうした企業のニーズに対し、サプライヤーは分断化された個別システムの提案にとどまらず、中長期的な視点で企業全体を支えるプラットフォームを提案し、顧客のDX活動をサポートしていくことが求められるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。