ニュース
» 2018年08月09日 10時45分 公開

2018年中にブロックチェーンAPIを強化予定:登録API数1000種類突破――API取引所「APIbank.jp」がリニューアルし本格稼働開始

AOSテクノロジーズは、API取引所のWebサイト「APIbank.jp」をリニューアルし、本格運用を開始した。サイトデザインを刷新し、API情報を提供する記事のカテゴリー分けやテスト可能なAPIのバリエーションの増強を行った。

[@IT]

 AOSテクノロジーズは2018年8月7日、API取引所のWebサイト「APIbank.jp」をリニューアルし、本格運用を開始した。

 APIbank.jpは、2018年3月15日に日本初のAPI取引所としてβ版を公開した。今回の本格運用に合わせて実施したリニューアルでは、ユーザーインタフェースやサイトデザインの刷新、API情報を提供する記事のカテゴリー分け、テスト可能なAPIのバリエーションの増強などを行った。登録APIの数は1000種類を超えたという。

 同サイトでは、2018年中に提供予定のバージョン2.0でブロックチェーンAPI関連の情報を強化する予定で、本格的なDapp(分散型アプリケーション)開発を支援する。既存のブロックチェーンAPIを使った開発は難易度が高く、ブロックチェーンで動作するDappを開発するには多大な工数がかかる。ブロックチェーンAPI関連の情報を強化することで、その課題を解決するとしている。

 今後は、テストできるAPIのバリエーションの増強、スマートフォン対応、仮想通貨やトークンを利用できる環境を整備し、市場規模250兆円といわれる本格的なAPIエコノミーの構築を支援するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。