ニュース
» 2018年08月14日 08時00分 公開

断続的または周期的なワークロードに有効:AWS、「Amazon Aurora」の自動デプロイオプション「Aurora Serverless」を正式リリース

AWSは、クラウド型リレーショナルデータベース「Amazon Aurora」の新しい自動デプロイオプション「Aurora Serverless」の正式提供を開始した。

[@IT]

 Amazon Web Services(AWS)は2018年8月9日(米国時間)、「Amazon Aurora Serverless」(Aurora Serverless)の正式提供を開始したと発表した。Aurora Serverlessは、AWSのクラウド型リレーショナルデータベース「Amazon Aurora」の新しいデプロイオプション。データベースインスタンスやクラスタを管理することなく、クラウド内でデータベースを実行できる。

 Aurora Serverlessは、データベースの起動とシャットダウン、データベースキャパシティーのスケールアップまたはスケールダウンを、アプリケーションのニーズに基づいて自動的に行う。そのため断続的または周期的に実行される、使用パターンの予測が困難なワークロード向けのオプションとなっている。

 AWSは、Aurora Serverlessが適しているユースケースとして、使用頻度が低いアプリケーションや、必要なインスタンスサイズが不明な新規アプリケーション、変動しやすいワークロード、予測不可能なワークロード、開発/テストデータベース、マルチテナントアプリケーションを挙げている。

 顧客はAurora Serverlessによって、データベースキャパシティーのプロビジョニングや管理を行う必要がなく、オーバープロビジョニングによって高い初期コストがかかったり、リソース不足でパフォーマンスやユーザー体験に問題が生じたりする心配がないという。AWSは、顧客がAWSマネジメントコンソールでデータベースエンドポイントを作成して、必要に応じてデータベースのキャパシティー範囲を指定し、アプリケーションを接続すれば、残りの作業をAurora Serverlessが処理するとしている。

 料金は秒単位の従量課金制となっており、データベースが使用されているときにのみ発生する。

 AWSのデータベース、アナリティクス、機械学習担当のバイスプレジデントを務めるラジュ・グラバニ氏は、Aurora Serverlessの意義を次のように説明している。

 「ますます多くの顧客が、本番アプリケーションやデータベースをOracleやSQL ServerからAmazon Auroraに移行している。高い可用性と耐障害性、低コストが支持されているからだ。われわれはAurora Serverlessのリリースにより、例えば、開発/テストワークロードや、季節的な要因で利用が急増することがあるアプリケーションなどの使用パターンが予測しにくい断続的または周期的なワークロードの費用対効果をさらに高めた。これによってAuroraは、想像し得るあらゆるワークロード向けに一段と魅力を増した」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。