ニュース
» 2018年08月28日 08時00分 公開

CPUコア数をユーザーが指定可能:VMware Cloud on AWSがアジアパシフィックで利用可能に、5つの新機能も追加

VMwareは「VMware Cloud on AWS」の利用可能リージョンを、AWSのアジアパシフィック(シドニー)に広げた。同時に、最小構成を3ホストにしたり、独自の新しいCPUコアのカウント手法を導入したりするなど、新機能や新サービスの提供も開始した。

[@IT]

 VMwareは2018年8月26日、「VMware Cloud on AWS」の利用可能リージョンを、Amazon Web Services(AWS)のアジアパシフィック(オーストラリアのシドニー)に広げた。同時に、VMware Cloud on AWSの新機能や新サービスの提供を開始することも発表した。

 VMware Cloud on AWSは、VMwareが提供する「Software-Defined Data Center(SDDC)」ソフトウェアをAWSで利用可能にするサービス。VMware vSphereで構築した仮想環境とAWSを統合管理したり、オンプレミスの仮想環境で運用している仮想マシンをVMware Cloud on AWSに移行(マイグレーション)したりできる。

 これまでの提供リージョンは、AWSの米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、欧州(ロンドン)、欧州(フランクフルト)に限られていた。

VMware Cloud on AWSの提供リージョン(出典:VMware Cloud on AWS blog

 今回発表された主な新機能や新サービスは大きく以下の5つ。

(1)最小構成を3ホストとした

 加えて期間限定で価格を従来の最小構成(4ホスト)の50%に設定した。すなわち、従来の2ホスト分のコストで3ホストを利用できる。

(2)新しいCPUコアのカウント手法を独自に導入した

 ユーザーが必要とするCPUコア数を指定できるため、コア単位のライセンス制度を導入しているMicrosoftやOracleなどのソフトウェア製品を利用する場合、稼働コストを削減できる。さらに、ワークロードを特定のホストグループに固定する新機能「VM-Host Affinity」を利用することで、ライセンス要件を満たすことができる。

(3)数千台規模の仮想マシンを、ライブマイグレーションによってダウンタイムなく退避できるようにした

 これにより、データセンターの即時移行が可能になった。VMwareによれば、クラウド環境のカットオーバーのスケジュールを任意に組めるというメリットがあるという。なお同社は、クラウドの移行計画を支援する「VMware Cost Insight」を用いて、無償で移行コストを試算するサービスも提供する。

(4)VMware NSXとAWS Direct Connectを統合した

 ユーザーは、VMware Cloud on AWSとオンプレミスの仮想環境を接続でき、ネットワーク性能の向上も期待できる。さらに、それぞれの環境で稼働する仮想マシンをプライベートのネットワークで接続できる。

(5)リアルタイムでのログ管理機能「VMware Log Intelligence」を、追加費用なしで提供した

 ユーザーは、この管理機能を利用してVMware Cloud on AWSの監査ログにアクセスでき、セキュリティとコンプライアンスを追加費用なしで強化できる。

 なお、CPUコアの独自カウント手法やVM-Host Affinity、NSXとAWS Direct Connectとの統合などの機能は現在プレビュー中である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。