連載
» 2018年09月03日 05時00分 公開

U&Iターンの理想と現実(48):そうだ、京都に行こう――LINEが京都の街中に開発拠点を作る、たった1つの理由 (2/3)

[加山恵美,@IT]

冗談まじりの発言をきっかけに京都移住へ

 1人目は杉義宏さん。仙台で育ち、SI企業やWeb系ベンチャーを経て2012年にNHN Japan(現LINE)に入社した。現在は「Clova」の開発などに携わっている。

杉義宏さん。Clova WAVEにそっくりなマグカップを手にして、お気に入りのコーヒーメーカーと。「おいしいコーヒーを飲みたい」とリクエストしたら、設置されたそうだ

 社内で京都オフィスの新設が発表されたのは2017年秋。当時、杉さんはあまり関心がなかった。京都は「はてなや任天堂がある土地」というイメージだった。旅行で来たことはあったが「移住したい」という認識はなかった。

 しかし社外の知人が京都オフィスに興味を持ったため、社内担当者につないだ。仲介の過程で杉さんが「いいな、ぼくも京都に移住したいな」と軽いノリで言ったところ、「じゃあ、一緒に行きますか」と杉さんも新オフィス勤務の候補者になってしまったのだ。

 冗談半分だった。「京都、いいところだよね」と仲介の場を盛り上げるつもりだったのかもしれない。だが東京に飽きてきたところでもあった。「6年住んだし、そろそろ環境を変えてもいいかな」と新天地を求める気持ちがチャンスに反応した。

 東京を離れることは可能だったものの、戸惑いもあった。仙台にいる親に相談したところ「いいんじゃない!」と本人以上に前向きな反応が返ってきた。経緯を話しながら杉さんは「誰も止める人がいなくて」と笑う。背中を押してくれる人がいるのは喜ばしいことだが、誰も引き留めないことに一抹の寂しさも感じたようだ。

参考リンク

なんか京都に移住することになった(杉さんのブログ)


 とんとん拍子に話が進み、上司とも話がついて、数日で京都移住が確定した。会社のスピード感に驚いた。

 新居はオフィスから地下鉄で1駅。歩こうと思ったら歩ける距離だ。繁華街に近く、手ごろなスーパーもあり、生活には困らないそうだ。

 LINE KYOTOへ異動しても、仕事内容(Clovaの開発)やチーム体制はほとんど変わっていない。デスクのある場所が東京から京都に移っただけ。

 リモートで仕事をしているせいか仲間とは適度な距離感を保てる。新天地の刺激も加わり、仕事に好影響を与えている。「京都オフィスに来てから、早く帰る日が増えました」と杉さんは言う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。