ニュース
» 2018年09月05日 10時30分 公開

“LINE WORKS×kintone”の連携で業務に合わせたチャットbotをノンコーディング作成――「Joboco」β版が提供開始

ジョイゾーは、「LINE WORKS」などのビジネスチャットサービスとサイボウズの「kintone」を連携させるチャットbot作成サービス「Joboco」のβ版提供を開始。工事現場や店舗から写真付き報告書をkintoneに登録するなど、現場業務を効率化する独自機能をノンコーディングで実装できる。

[金澤雅子,ITmedia]

 ジョイゾーは2018年9月5日、「LINE WORKS」や「Slack」「ChatWork」などのビジネスチャットサービスと、サイボウズの業務アプリ構築サービス「kintone」をノンコーディングで連携させるクラウドサービス「Joboco」のβ版の無償提供を開始した。正式版のリリースは2018年11月上旬を予定している。

 Jobocoは、チャットサービスとkintoneとの連携機能を備えたチャットbotを作成できるサービス。チャットの会話を受け取って、kintoneから情報を取得し、チャットに自動で返信したり、kintoneに情報を登録したりするなど、希望する連携機能の動作シナリオをJobocoで設定するだけで、独自の機能をノンコーディングで実装できる。

Photo 「Joboco」のシナリオ設定の画面イメージ

 例えば、工事現場や店舗の作業員が現地の写真付き報告書をkintoneに登録する、店舗や作業現場で商品在庫をチャット経由でkintoneの在庫管理情報から取得する、外回りの営業マンが顧客情報をチャット経由で取得する、社内FAQをチャット経由で取得するなど、自社の業務に必要な連携機能を、ITスキルがなくても容易に実現できる。

 今回、第1弾として、LINE WORKSに対応したJobocoのβ版を無償提供する。β版の利用申し込みは、専用サイトで受け付けている。

Photo 「Joboco」の利用イメージ

 ジョイゾーはJobocoの開発背景について、小売、建設、医療などの現場におけるIT活用の推進に着目した経緯があると説明。

 国内企業の業務効率化、生産性向上に向けたIT化は、「経理・会計」「給与・人事」といった間接系業務での導入率が高いのに比べ、「営業、販売、顧客管理」「商品管理、在庫管理」「仕入、発注、調達」といった直接業務系では低く、進みが遅いことに着目。間接部門内で発展した業務システムやそこで蓄積されたデータが直接業務で生かされるためには、現場部門が使いやすいチャットツールとkintoneとの連携が効果的であると考え、同サービスの開発企画を立ち上げたという。

Photo 業務へのシステム導入状況(出典;総務省 平成29年「ICT利活用と社会的課題解決に関する調査研究」)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。