連載
» 2018年09月12日 05時00分 公開

IT用語解説系マンガ:食べ超(146):ミッションクリティカルだけど笑顔で落ちるシステムです (1/4)

システムはよく落ちますが、謝罪スタッフの充実度で業界をリードしています。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。

[倉田タカシ(@deadpop),@IT]

今日の用語:ミッションクリティカル

一生食べられるエンジニアになるための超IT用語解説 略称:食べ超
登場人物 わたし−新人なのに新人教育を任されて奮闘中、マルコフ君−社長期待の新人。知識はないけど熱意は十分!、コンピュータおばあちゃん−西海岸からやってきた助っ人よ!、社長−勢い重視の経営者、荒木さん−頼れる先輩です!、高田君−気のいい同僚です!


社長「このシステム案件はミッションクリティカルなので、心して構築してほしい」わたし「聞いてません!!」






荒木さん「工賃にミッションクリティカル費をちゃんと上乗せしましたか?」社長「あっ忘れた」






わたし「そもそも普通の勤怠管理システムですよね?」荒木さん「どの辺にミッションクリティカル性が??」






このシステムで熱帯魚の水槽も24H管理しているので、システムが落ちると魚たちが危ない!! わたし「そこ、まとめないでっ」






社長「ミッションクリティカルって何か格好いいから、やってみたかったんだよね」わたし「安易に語感だけで飛びつかないでください」






おばあちゃん「経営者向けのミッションクリティカル演習が必要ね」社長「そんなのあるの??」



       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。