連載
» 2018年10月05日 05時00分 公開

OSS脆弱性ウォッチ(9):脆弱性とは呼べない?――OpenSSHでリモートからユーザー名を列挙できる脆弱性 (1/2)

連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説する。今回は、OpenSSHでリモートからユーザー名を列挙できる脆弱性について。

[面和毅,OSSセキュリティ技術の会]

 「OSSセキュリティ技術の会」の面和毅です。本連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェア(OSS)の脆弱(ぜいじゃく)性に関する情報を取り上げ、解説しています。

 2018年8月下旬に、OpenSSHでリモートからユーザー名を列挙できる脆弱性が見つかりました。今回は、このOpenSSHの脆弱性を詳しく見ていきます。

SSHのプロトコルとユーザー認証のRFCについて

 SSHは2006年にRFC化されており、RFC4250-4256が認定されました。この一連のRFCの中にある、RFC4252でユーザー認証(パスワード認証や公開鍵認証)について規定されてます。

 このRFC4252については、USENIXのサイトで日本語の説明を読めますが、この中の「SSH_MSG_USERAUTH_FAILURE(実装上はSSH2_MSG_USERAUTH_FAILURE)」を返す実装に問題があり、これにより外部からユーザーが存在するか否かが分かってしまうというものになります。

実際にユーザー認証部分のパケットのやりとりを確認してみる

 実際にSSH_MSG_USERAUTH_FAILUREの返答を確認してみましょう。

opensshのSSHクライアントで確認してみる

 opensshのsshクライアントでユーザー認証部分を確認してみます。「ssh -vvv」オプション(DEBUGメッセージまで表示)で、ログレベルを高くしてユーザー認証部分を見てみたのが図1です(図1)。

図1 opensshのsshクライアントに「-vvv」オプションを付けてデバッグレベルを上げてみる

 図からも分かるように、opensshのsshクライアントでは、SSHのパケット情報を見ることはできません。そのため、sshクライアントで通信の状況は確認できません。

puttyでログを見てみる

 puttyは、トンネル機能やフォワーディングなども実装しているSSHクライアントです。Windowsなどで使えます。puttyの設定画面でログ出力の箇所に「SSHパケット」があるので、これを有効にしてログを取得します(図2)。

図2 puttyでsshパケットのログを取得(1)

 この状態で、puttyでログインを実行すると、ログインが拒否されるまでにやりとりされたSSHパケットの情報が取得できます。このログを見ると、「SSH2_MSG_SERVICE_ACCEPT」の後の「SSH2_MSG_USERAUTH_REQUEST」「SSH2_MSG_USERAUTH_FAILURE」などのパケットもやりとりされているのがログ上から確認できます(図3)。

図3 puttyでsshパケットのログを取得(2)

今回の脆弱性

 今回の脆弱性は、こちらのパッチ(パケットに含まれているリクエストが完全にパースされるまで、無効な認証ユーザーに対する処理を遅らせる)がopensshに投げられたことで発覚しました。

 今回の問題は、認証に関する箇所で、図4(この場合は「auth2-pubkey.c」中の「userauth_pubkey()」の処理)のように、ユーザー名を先に検証して無効の場合にはエラー処理を行い、その判定の後にパケットの中身を確認しています。

図4 userauth_pubkey()の処理

 これにより下記の2種類の処理になっています。

  1. ユーザー名が「無効」の場合には、すぐにエラーとなって「SSH2_MSG_USERAUTH_FAILURE」を返す
  2. ユーザー名が「有効」の場合には、パケットの中身を確認し、パケットにエラーがあればエラーを返してクローズする

 つまり、「パケットがおかしいもの(例えば、切り詰められたパケットなど)を送れば、「ユーザー名が無効でエラーになったか」「パケットの方でエラーになったか」が外部から分かるので、ユーザーが存在するか否かが分かる」ということになります。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。