ニュース
» 2018年10月15日 14時00分 公開

デプロイ環境の管理と保護、モダナイズをサポート:Googleが企業のクラウド利用を簡素化、「Cloud NAT」などの新機能を公開

Googleは、「Google Cloud Platform(GCP)」のネットワーキングサービスに「Cloud NAT」「Firewall Rules Logging」などの新機能を追加した。いずれもGoogle Kubernetes Engine(GKE)などを利用しているユーザーに役立つ。

[@IT]

 Googleは2018年10月11日(米国時間)、「Google Cloud Platform(GCP)」のネットワーキングサービスに「Cloud NAT」「Firewall Rules Logging」「HTTPSロードバランサーのためのマネージドTLS証明書」などの新機能を追加したと発表した。

 いずれもユーザーがデプロイ環境の管理や保護、モダナイズのために求めていた機能だとGoogleは説明しており、現在はβ版の段階にある。

Google Cloud内でプライベートネットワークを容易に構築できるCloud NAT

 Cloud NATは、GoogleのフルマネージドNAT(Network Address Translation)サービス。企業はこのサービスを利用して、パブリックIPアドレスのないアプリケーションインスタンスをプロビジョニングでき、インスタンスが更新やパッチ適用、構成管理などのためにインターネットアクセスする際は、制御された効率的な方法で実行できる。

 外部リソースは、Cloud NATゲートウェイの背後にあるプライベートインスタンスに直接アクセスできないため、企業が使用するGCP内のプライベート空間である「Google Virtual Private Cloud(VPC)」は、分離された安全な環境に保たれる。

Cloud NATサービスがユーザー企業のプライベート空間を外部のアクセスから安全に分離する(出典:Google

 これまで、Google Cloudで高可用性NATソリューションを構築するには、かなりの労力を要したという。Cloud NATはフルマネージドサービスであり、NATプロセスを簡素化して、次のようなユニークな機能を提供する。

  • チョークポイント(ボトルネック)のない設計による高い信頼性とパフォーマンス、スケーリング機能
  • 「Google Compute Engine」(仮想マシンを実行)と「Google Kubernetes Engine(GKE)」(コンテナを実行)の両方をサポート
  • NATゲートウェイごとに多数のNAT IPアドレスを構成できる
  • NAT IPアドレスを手動と自動の両モードで割り当て可能
  • 構成可能なNATタイムアウトタイマー
  • サブネット内のインスタンス数にかかわらず、1つのNATゲートウェイでVPCリージョン内の全てのサブネットにNATを提供可能
  • 1つのゾーンが使用不能でも、NATゲートウェイ自体は継続して利用でき、リージョン単位で高い可用性が得られる

接続状況をリアルタイムに可視化するFirewall Rules Logging

 Firewall Rules Loggingは、ファイアウォールルールの効果を監査、検証、分析できる。例えば、特定のファイアウォールルールでブロックされた接続試行があれば、可視化できる。さらにアプリケーションへの無許可の接続が許されていないことを確認する際にも役立つ。

 Firewall Rules Loggingでは、許可または拒否された接続のログを5秒ごとに報告するため、環境をほぼリアルタイムに可視化できる。豊富な注釈機能も利用できる他、GCPの他のネットワーク機能と同様に、こうしたログを「Stackdriver Logging」「Cloud Pub/Sub」「BigQuery」にエクスポートすることも可能だ。

負荷分散もセキュアに、HTTPSロードバランサーのためのマネージドTLS証明書

 Googleは、可能な場合は常にTLS(Transport Layer Security)を用いたセキュアな接続を用いることを推進しており、負荷分散サービスを使用するユーザーにもHTTPSロードバランサーのデプロイを勧めている。

 だが、HTTPSロードバランサーのためにTLS証明書を手動で管理するのは大変だ。そこでGoogleは、HTTPSロードバランサーのためのマネージドTLS証明書を導入した。これはGoogleが、信頼できる証明書のプロビジョニングを行い、更新や破棄を含むライフサイクル管理も担うというものだ。近いうちにSSLプロキシロードバランサーのサポートも開始する見込みだ。

コンテナワークロードの実行に役立つ新しい負荷分散機能

 ユーザーがGoogle Kubernetes Engine(GKE)や、Google Cloudで独自に管理しているKubernetes上で実行するアプリケーションに対して、Googleは今回、コンテナネイティブな負荷分散機能を導入した。

 Googleが提供する「ネットワークエンドポイントグループ(NEGs)」と呼ばれる抽象化の仕組みでは、コンテナと、コンテナのペアとなる指定したIPアドレスとポートを表すネットワークエンドポイントを使用して、ロードバランサーを設定できる。

 NEGsを利用するメリットは、仮想マシン(VM)ではなく、コンテナを直接負荷分散できることだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。