連載
» 2018年10月17日 05時00分 公開

仕事が「つまんない」ままでいいの?(46):モチベーション、無理に「上げよう」としていない?――やる気が出ないときの処方箋 (1/4)

やる気マンマンですごしたい――多くの人がこう思っているはずです。でも、やる気を出すのは難しい。どうすればコントロールできるのでしょうか。

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]

 先日、知人から「やる気」について相談を受けました。何でも「やる気が出てこなくて、仕事に手が付かない」のだとか。

 もっとやる気を出したい――多くの人が望んでいることではないでしょうか。

 やる気があれば「もっと頑張ろう!」という意欲が湧いてきます。意欲が湧けば「よし、やってみるか!」と行動的にもなれます。行動して何かしらの変化が生まれれば楽しいし、うれしい。それが、次のやる気にもつながります。

 けれども、現実は全くやる気が出ないし、仕事をする気も起きません。休日もダラダラした時間を過ごすだけ。ふと気が付けば日曜日の夕方です。「あーあ。この週末も、何もしなかったなぁ」――そう思うと、自分がダメ人間に思えて悲しくなります。そして、ますますやる気を失ってしまうのですよね。

 以前、「やる気が出ない本当の理由」という記事を書きました。そこでは、こんな図を出しました。まさにこんな「負の無限ループ」の中にいる人もいるかもしれません。

 やる気が出ない問題……どうすればいいんでしょうね。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。