ニュース
» 2018年10月17日 14時30分 公開

最短で1週間からMRを試せる! 「Microsoft HoloLens」の法人向けレンタルサービス、横河レンタ・リースから

横河レンタ・リースは、ヘッドマウントディスプレイ型MR(複合現実)デバイス「Microsoft HoloLens」の法人向けレンタルサービスを開始する。最短1週間からレンタルでき、機器管理コストや運用工数の削減も見込めるという。

[金澤雅子,ITmedia]

 横河レンタ・リースは、日本マイクロソフトが提供するホログラフィックコンピュータ「Microsoft HoloLens」の法人向けレンタルサービスを2018年10月25日に開始する。

Photo 「Microsoft HoloLens」の利用イメージ

 HoloLensは、ヘッドマウントディスプレイ方式のMR(複合現実)デバイスで、半透明の光学透過型ディスプレイ越しの現実世界と3D映像の仮想世界を重ね合わせたMRを表示する。視線、音声、ジェスチャーで操作でき、複数人で1つのホログラムを取り囲み、コラボレーションすることもできる。

 近年、生産性向上や業務効率向上、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を目的にVR(仮想現実)やAR(拡張現実)、MRを活用する企業が増加しており、建築や製造、医療、教育、リテール、防衛など、さまざまな分野でHoloLens活用の注目度が高まっているという。

 国内では、既に日本航空(JAL)小柳建設三菱ふそうトラック・バスJRCSなどがHoloLensを導入している。

Photo 「Microsoft HoloLens」

 今回、HoloLensをレンタルで提供することで、技術検証やイベントでの使用といった短期間での利用ニーズにも対応する。また、レンタルで利用することで、購入するよりも、機器管理コストや管理者の運用工数の削減が見込めるとしている。

 レンタル期間は最短で1週間から。レンタル価格(税別)は1デバイス当たり1週間で2万4000円、1カ月で6万円。HoloLensの利用に必要なアプリケーションの開発は、別途Microsoft認定パートナーに相談可能。

 なお、今回のサービス開始にあたり、横河レンタ・リースは、日本マイクロソフトと国内初となる「Microsoft HoloLens認定レンタルパートナー」契約を締結している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。