ニュース
» 2018年10月23日 08時00分 公開

「NVIDIA Tesla M60 GPU」、8GB GPUメモリなどを搭載:クラウドで3Dレンダリングができる――AWS、「Amazon WorkSpaces」で「GraphicsPro」バンドルを提供開始

Amazon Web Services(AWS)はクラウドベースデスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」で、複雑なグラフィックスアプリケーション向けの構成オプションを選択できるようにした。

[@IT]

 Amazon Web Services(AWS)は2018年10月18日(米国時間)、マネージド型のクラウドベースデスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」の新しい「GraphicsPro」バンドルを発表した。

 Amazon WorkSpacesでは、用途に応じたハードウェアやソフトウェアの構成を「バンドル」という形で選択できる。これまでは「バリュー」「スタンダード」「パフォーマンス」「パワー」「グラフィックス」といったバンドルが用意されていた。

 新しいGraphicsProバンドルは、NVIDIAの仮想デスクトップおよびアプリケーション用の高性能グラフィックスアクセラレーター「Tesla M60 GPU」、8GBのGPUメモリ、柔軟なストレージ(ルートボリューム、ユーザーボリュームともそれぞれ100GB〜1TB)といった構成となっている。

 AWSは、GraphicsProバンドルが、3D可視化や3Dレンダリング、画像処理、ビデオエンコーディング、地震可視化、データマイニングなどの複雑なグラフィックスアプリケーションに最適だとしている。こうしたアプリケーションは、専用のGPUハードウェアと大量のGPUメモリによる非常に高パフォーマンスのグラフィックス処理機能を必要とする。GraphicsProバンドルを使えば、クラウドにグラフィックスワークステーションをオンデマンドでデプロイでき、専門的で高価な物理的なグラフィックスワークステーションを購入、管理する必要がないという。

 Amazon WorkSpacesのGraphicsProバンドルは、2018年10月18日からアジアパシフィック(東京)を含むAWSの世界7リージョンで提供開始された。ユーザーは、Windows 10ライセンスを含むGraphicsProインスタンスをデプロイでき、自分のWindowsライセンスを使うこともできる。

 GraphicsProバンドルは、Amazon WorkSpacesマネジメントコンソールでGraphicsProを選択して起動するか、「Amazon WorkSpaces API」で起動できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。