ニュース
» 2018年11月05日 10時30分 公開

プロジェクトの単一ビューを提供:Google、「G Suite Developer Hub」でG Suite開発者を強力にサポート

Googleは、「G Suite Developer Hub」で、G Suite開発者を支援するさまざまな新機能を提供開始した。作業を迅速に開始できるハブやトリガーを一目で確認できる仕組みを取り入れた。

[@IT]

 Googleは2018年11月2日(米国時間)、「G Suite Developer Hub」でG Suite開発者を支援するさまざまな新機能を提供開始したと発表した。

「G Suite Developer Hub」のさまざまな新機能、クリックで再生(出典:Google

 G Suite Developer Hubは、従来サービスの名称を改称したもの。従来は「Apps Scriptダッシュボード」と呼んでいた。Apps Scriptプロジェクトの管理に役立つモニタリングツールとして提供してきており、その役割を継承する。Apps Scriptは、G Suiteに対応したJavaScript開発環境。

 G Suiteは、「Gmail」「ドキュメント」「スプレッドシート」「スライド」「サイト」などのアプリケーションや、メッセージング、コラボレーション、セキュリティ、コンプライアンスといったツールのセット。

 Googleは、既存ソフトウェアをG Suiteに統合したり、G Suite内で動作する新しいアプリケーションを作成したりするための一連のツールやリソースを、「G Suite Developer Platform」として提供している。

 G Suite Developer Hubは、プロジェクトの単一ビューを提供し、1つの画面から次のような作業を実行できる。

迅速な作業開始

 G Suite Developer Hubにより、プロジェクトを簡単に始めることができる。ドキュメントやスプレッドシート、Gmailなどのアドオンを作りたい場合、準備が整ったApps Scriptプロジェクトを1クリックで起動できる。

 さらにG Suite Developer Hubでは、開発プロセスを効率化できるさまざまなテンプレートに簡単にアクセスでき、「App Maker」アプリも容易に作成できる。App Makerは、G Suiteドメイン用のカスタムアプリを素早く作成できるローコードまたはノーコード開発環境だ。

トリガーの表示と管理

 開発者がApps Scriptを使用する最も一般的な方法の一つは、トリガーに基づいて自動実行することだ。これまでは、トリガー条件を作成、表示、管理するには、各スクリプトやプロジェクトを調べなければならなかった。G Suite Developer Hubでは、トリガーを一目で確認できる他、作成や変更も簡単にできる。

App Makerアプリの表示と管理

 G Suite Developer Hubのプロジェクトリストとプロジェクト詳細ページでは、App Makerを完全にサポートしている。

実行結果のリアルタイム表示

 G Suite Developer Hubでは、スクリプトの実行結果をリアルタイムに表示できる。ブラウザの表示を更新する必要はない。

スクリプトの実行結果をリアルタイムに表示できる(出典:Google

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。