ニュース
» 2018年11月21日 08時00分 公開

月間1961件の求人:RPA関連技術者へのニーズが急増、最高提示年収は3000万円――ビズリーチが調査

ビズリーチの調査によると、RPA関連求人が急増している。2018年10月のRPA関連求人数は、前年同月と比べて6.4倍の1961件に増えた。最高提示年収は同1.5倍の3000万円に達した。

[@IT]

 ビズリーチは2018年11月20日、RPA(Robotic Process Automation)関連求人の動向を調査した結果を発表した。

 同社が運営する求人検索エンジン「スタンバイ」へ、2018年10月に掲載された935万件の求人情報を対象としてRPA関連のキーワードを調べたところ、前年同月と比べて6.4倍の1961件に増加していた。最高提示年収は対前年同月比1.5倍の3000万円だった。

 具体的には、「RPAエンジニア」という単語を含む求人数は、対前年比9.1倍の556件で、最高提示年収は2000万円。「RPAコンサルタント」を含む求人数は、同6.0倍の698件で、最高提示年収は3000万円。BPO(Business Process Outsourcing)を加えて調べてみると、「RPA BPO」が含まれる求人数は、同5.3倍の192件で、最高提示年収は3000万円だった。

RPA関連の求人状況(出典:ビズリーチ

 富士キメラ総研は、2022年度におけるRPAツールの国内市場規模は、2017年度と比べて3.8倍の315億円になると予測している。今回の調査結果に見られる求人数の増加は、市場の急成長に伴ったものだと考えられる。スタンバイに掲載されたRPA関連の求人情報を見ると、RPAエンジニアやRPA管理者、RPAコンサルタントに対するニーズが目立つ。

 こうした中、ビズリーチによると、大手企業がデータ入力作業などでRPAを導入し始めているという。さらに複数の大手人材派遣会社が、RPAについて学ぶ集中講座などを開講するなど、RPAに精通した派遣労働者の育成に注力している。内閣府の「中長期の経済財政に関する試算」でベースラインとされている経済成長率0.8%が続くと仮定したときに必要な就業者数の推計と、人口動態から推計した就業者数によると、2025年には約583万人の労働力が不足する。ビズリーチでは、企業のRPA導入は今後増え、RPA関連求人は急増すると予想している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。