ニュース
» 2018年11月29日 11時00分 公開

8つの出来事を予測:防御不能マルウェアやインフラ標的の同時多発サイバー攻撃――ウォッチガードが2019年のセキュリティ動向を予測

ウォッチガードは、情報セキュリティについての2019年度の動向を予測した。過去の主な脅威に関するトレンドを分析した結果だ。従来の検知機能では防御できないファイルレスマルウェアの拡散や、国家によるサイバー攻撃を背景とした国連でのサイバーセキュリティ条約成立などを挙げた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは2018年11月27日、情報セキュリティについて2019年度の動向予測を発表した。脆弱(ぜいじゃく)なシステムを介して自己増殖するワームのような性質を持つ新種のファイルレスマルウェア「vaporworms」や、インターネット上のコンテンツを削除する攻撃、公共機関や産業制御システムを標的としたランサムウェアなどが広まると予測した。

 今回発表された予測は、ウォッチガードの脅威ラボ調査チームが、過去の主な脅威に関するトレンドを分析して作成した。予測には、次の8項目が挙げられている。

 まず、ファイルレスマルウェアワーム「vaporworms」が台頭すると予測した。この種のマルウェアは感染システムにファイルを残さず、全てメモリ上で動作する。そのため、従来のエンドポイントの検知機能では特定したり防御したりすることが困難だ。

 ウォッチガードによれば、セキュリティパッチを当てていないソフトウェアを稼働させているシステムが多いことを考慮すると、2019年はvaporwormsの拡散が懸念されるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。