連載
» 2018年12月04日 05時00分 公開

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(124):Active Directory 2019ってどうなの? 注目の新機能は? (1/2)

Windows Server 2019の「Active Directoryドメインサービス」(AD DS)は、オンプレミス向けActive Directoryの最新バージョンになります。では、どこが新しいのかというと……。

[山市良,テクニカルライター]
「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

Windowsにまつわる都市伝説

“Active Directory 2019に新機能なし”は予告されていた!

 公式ブログで「Remote Desktop Services 2019」と表現されたWindows Server 2019のリモートデスクトップサービス(RDS)は、本連載第121回と第122回で紹介したように、目に見える新機能はなく、Windows Server 2016のRDSと同等だということを紹介しました。一方、表現は適切ではないかもしれませんが、「RemoteFX 3Dビデオアダプター」の積極的なサポートがなくなったという、後ろ向きな変更が行われています。

 「Active Directory」はWindows 2000 Server(2000年にリリース)で初めて登場して以降、Windows Serverのバージョンが新しくなるたびに、下位互換性を可能な限り維持しながら、新しい「フォレスト/ドメイン機能レベル」の提供と新機能の追加が行われてきました。フォレスト/ドメイン機能レベルは、フォレストやドメインでサポートされるドメインコントローラーの最小バージョンを規定するとともに、利用できる機能に影響します。

 ちなみに、下位互換性に関しては、Windows 2000混在のドメイン機能レベルはWindows Server 2008で廃止、Windows 2000のフォレスト/ドメイン機能レベルはWindows Server 2012で廃止、Windows Server 2003のフォレスト/ドメイン機能レベルはWindows Server 2016で廃止、「DFSレプリケーション(DFS-R)」によるSYSVOLの複製はWindows Server 2016で廃止されました。

 長期サービスチャネル(Long-Term Servicing Channel:LTSC)リリースにおいて、最新のWindows Server 2019の「Active Directoryドメインサービス(AD DS)」を、「Active Directory 2019」や「AD DS 2019」と表現する人がいることは容易に想像できます。しかし、Windows Server 2019のRDSと同様、いやそれ以上に、Windows Server 2019のAD DSに何か新しいことを期待することは難しそうです。

 Windows Server 2019で新規ドメインの最初のドメインコントローラーをインストールしてみればすぐに分かります。Windows Server 2019のAD DSにおける最上位のフォレスト/ドメイン機能レベルは、実は「Windows Server 2016」なのです(画面1)。

画面1 画面1 Windows Server 2019のActive Directoryで指定可能なフォレスト/ドメイン機能レベルに「Windows Server 2019」レベルは存在しない

 画面1は、Windows Server 2016の画面と疑う方もいるかもしれません。では、このサーバにドメインコントローラーのインストールが完了した後の画面2をご覧ください。

画面2 画面2 Windows Server 2019のActive Directoryの最上位のフォレスト/ドメイン機能レベルは「Windows Server 2016」で間違いない

 Windows Server 2019では、フォレスト/ドメイン機能レベルの両方とも「Windows Server 2016」が選択可能な最上位の機能レベルであることが分かるでしょう。つまり、“Windows Server 2019のドメインコントローラーのみを要求する機能レベル”というものは、Windows Server 2019には用意されていません。

 以下のTechNetブログの投稿にあるように、Windows Server 2019のプレビュービルド時点で“新機能はない”とされていました。ただし、このブログ記事はプレビュービルドに基づいた、その時点で公開された情報に基づくもので、公式な情報ではないとされています。

 結局、フォレスト/ドメイン機能レベルについては、このブログ当時の状況が変わることなく、正式リリース(General Availability:GAとも呼ばれますが、以前のRTM相当)となりました。このブログで指摘されているその他の点についても、GA版で確認してみましょう。

 なお、本稿では2018年10月初旬にリリースされたGA版(インストールメディアはOSビルド17763.1ベース)のWindows Server 2019で確認していますが、11月中旬に再リリースされたGA版(インストールメディアはOSビルド17763.107ベース)でも変更はありません。

スキーマバージョンは2016の「87」から2019の「88」に拡張

 「Active Directoryスキーマ」は、フォレスト/ドメインに新しいバージョンのドメインコントローラーを追加する際、新バージョンのOSのスキーマバージョンに拡張する必要があります(Windows Server 2012以降のドメインコントローラーの追加時に自動的に拡張されるか、インストールメディアの「\Support\Adprep\Adprep.exe」を実行して手動で拡張します)。また、Exchange ServerやSystem Center Configuration Management(SCCM)のために、アプリケーション用スキーマの拡張が必要になる場合があります。

 Active Directoryスキーマのバージョンは、Windows Server 2016の「87」から、Windows Server 2019では「88」に拡張されます(画面3)。これもまたプレビュービルドについて書かれたブログの状況から変わっていません。

画面3 画面3 Windows Server 2016(画面上)とWindows Server 2019(画面下)のActive Directoryスキーマのバージョン

 スキーマバージョン「87」と「88」の違いが、新たに「msDS-preferredDataLocation」という属性が1つ追加されただけという点も変わっていません。これは、Windows Server 2019のインストールメディアにある「\Support\Adprep\sch88.ldf」で確認できます(画面4)。

画面4 画面4 スキーマバージョン「87」から「88」で追加されたのは「msDS-preferredDataLocation」属性の1つだけ。ちなみに、Windows Server 2012 R2(スキーマバージョン「69」)から「87」への拡張(sch70.ldf〜sch87.ldf)では、25の属性と幾つかのコンテナが追加されている

 Windows Server 2016とWindows Server 2019のActive Directoryからエクスポートしたスキーマの属性は、「ADSchemaAnalyzer」ツール(「AD DSおよびAD LDSツール」の「AD LDS Snap-ins and Command-Line Tools」に含まれる)で比較して確認することもできます(画面5)。

画面5 画面5 ADSchemaAnalyzerツールでバージョン「87」と「88」のスキーマを比較してみても、両者の違いは「msDS-preferredDataLocation」属性の1つだけ

 実は、スキーマバージョン「88」は、Windows Server 2019からのバージョンでさえありません。以下のドキュメントにあるように、半期チャネル(Semi-Annual Channel:SAC)のWindows Server,version 1803からのものです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。