連載
» 2018年12月06日 05時00分 公開

Linux基本コマンドTips(263):【 locale 】コマンド――現在のロケールと使用可能なロケールの情報を表示する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、現在のロケールと使用可能なロケールの情報を表示する「locale」コマンドです。

[西村めぐみ,@IT]
「Linux基本コマンドTips」のインデックス

Linux基本コマンドTips一覧

 本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、現在のロケールと使用可能なロケールの情報を表示する「locale」コマンドです。

localeコマンドとは?

 「locale」は現在のロケールと使用可能なロケールの情報を表示するコマンドです。

 言語と地域の設定を「ロケール設定」(locale、ロカールとも表記)と呼びます。Linuxでは環境変数「LANG」と「LC_*」(通貨はLC_MONETARY、日時はLC_TIMEなど)を使って設定します。以前はロケールで言語だけを指定していましたが、現在は言語と地域と文字コードを組み合わせて「言語_地域.文字コード」と指定します。例えば、日本語は「ja」、日本は「JP」と表すので、「日本語」「日本」「UTF-8」という設定なら、「ja_JP.UTF-8」となります。

 なお、システムのロケールを変更するには「localectl」コマンド(連載第260回)を使用します。localectlコマンドでも現在のロケールやシステムで使用可能なロケールの情報を確認できます(※1)。

※1 localectlコマンドはlocaleコマンドより新しいコマンドで、systemdパッケージに収録されています。localeコマンドはglibc-commonパッケージ(Ubuntuはlibc-binパッケージ)に収録されています。





localeコマンドの書式

locale [オプション] [キーワード]

※[ ]は省略可能な引数を示しています。





localeの主なオプション

短いオプション 長いオプション 意味
-a --all-locales 利用可能なロケール名を表示する
-m --charmaps 利用可能なキャラクタマップ名(UTF-8やSHIFT_JISなど)を表示する
-c --category-name 指定したキーワードのカテゴリと値を表示(※2)
-k --keyword-name 指定したキーワードについて「対象="値"」という形式で表示する(※2)
-v --verbose 「-a」オプション指定時に詳細情報を表示する

※2 「-c」と「-k」はキーワードの指定が必須。例えば、「locale -k language」など。



localeで指定できる主なキーワード

表示内容 キーワード
ロケール定義のタイトル title
言語 language
地域 territory
各種の文字コードセット identification-codeset、measurement-codeset、telephone-codeset、address-codeset、name-codeset、paper-codeset、messages-codeset、time-codeset、numeric-codeset、monetary-codeset、collate-codeset


現在のロケールを表示する

 「locale」で現在のロケールを一覧表示します(画面1)。「locale language」では言語名を、「locale territory」では地域名を表示します。

コマンド実行例

locale

(現在のロケールを一覧表示する)

locale language

(言語名を表示する)

locale territory

(地域名を表示する)


画面1 画面1 現在のロケールを表示したところ


使用可能なロケールを表示する

 「locale -a」で、使用可能なロケールを一覧表示します(画面2)。

 実行例では、まずheadコマンドで先頭の10件を表示し、続いて、grepコマンドで文字列「ja」を含む行だけを表示しています。grepコマンドの「-i」は大小文字を区別しないという意味のオプションです。

コマンド実行例

locale -a

(使用可能なロケールを一覧表示する)


画面2 画面2 使用可能なロケールを一覧表示したところ


筆者紹介

西村 めぐみ(にしむら めぐみ)

PC-9801NからのDOSユーザー。PC-486DX時代にDOS版UNIX-like toolsを経てLinuxへ。1992年より生産管理のパッケージソフトウェアの開発およびサポート業務を担当。著書に『図解でわかるLinux』『らぶらぶLinuxシリーズ』『Accessではじめるデータベース超入門[改訂2版]』『macOSコマンド入門』など。2011年より、地方自治体の在宅就業支援事業にてPC基礎およびMicrosoft Office関連の教材作成およびeラーニング指導を担当。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。