ニュース
» 2018年12月07日 12時00分 公開

SMS機能や印刷管理、セキュリティが向上:Googleが「Chrome Enterprise 71」をリリース

Googleは、企業向け管理ツールの最新バージョン「Chrome Enterprise 71」をリリースし、主な3つの機能を紹介した。

[@IT]

 Googleは2018年12月6日(米国時間)、12月4日に公開したばかりの企業向け管理ツールの最新バージョン「Chrome Enterprise 71」の主な新機能を公式ブログで解説した。

 Chrome EnterpriseはIT管理者などに向けた管理ソフトウェア。Google Chrome(以下Chrome)の他、「Chromebook」などの「Chrome OS」搭載端末の管理機能を提供する。管理対象にさまざまなポリシーを適用することもできる。

Chrome EnterpriseとChromeの主な違い(出典:Google

 Chrome Enterprise 71は最新のChromeとChrome OSに対応している。主な新機能は次の通り。

「Androidメッセージ」のアプリ版でSMS体験を改善

 GoogleはこれまでChromebookユーザー向けにWeb版「Androidメッセージ」を提供してきた。今回、Chromebookでより快適でシームレスなSMS体験を提供するために、Androidメッセージの新しいプログレッシブWebアプリ(PWA)版をリリースした。PWA版Androidメッセージを使うと、バックグラウンドでの通知受信や返信、新しいSMSメッセージの作成、送信を、ユーザーがアプリを閉じていても実行できる。

Chrome OSでの印刷管理機能を改善

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。