ニュース
» 2018年12月10日 08時00分 公開

2022年には、2017年の2倍の市場規模:IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

IDC Japanが発表した国内IoTセキュリティ製品の市場予測によると、市場規模は今後5年間、堅調に拡大する。IoT機器でのセキュリティ被害が顕在化しており、同社はITだけでなくOTに対するセキュリティ対策の重要性も訴求する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2018年12月4日、国内IoT(Internet of Things)セキュリティ製品市場について、2018〜2022年の予測を発表した。

 最近は、PCだけでなく医療機器や自動車工場などの産業システムにもランサムウェア「WannaCry」が感染したり、インターネット接続の監視カメラがハッキングされたりするなど、IoT機器のセキュリティ被害が顕在化している。IDCでは、今後IoT機器に対するセキュリティ対策が促進されるとしており、IoTセキュリティ製品の市場規模が堅調に推移すると見ている。

 具体的には、2017〜2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は14.4%。2022年の市場規模は、対前年比20.5%増の624億円だった2017年の2倍に相当する、1221億円に拡大すると同社では予測している。

 IDCは、市場規模の算出と市場予測に当たって、IoTセキュリティ製品市場を次の4つの機能セグメントに分類した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。