ニュース
» 2018年12月11日 11時13分 公開

KubeCon + CloudNativeCon 2018:Red Hat OpenShift、サーバレス実装の開発者プレビューを発表

 Red Hatは12月10日(米国時間)、「Red Hat OpenShift」で、Googleが2018年7月に発表した「Knative」などによるサーバレス機能を、デベロッパープレビューとして提供すると発表した。

[三木泉,@IT]

 Red Hatは12月10日(米国時間)、Kubernetesをベースとしたコンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift」で、Googleが2018年7月に発表したサーバレス関連OSSコンポーネント群「Knative」などの実装をデベロッパープレビューとして提供すると発表した。

 KnativeはKnative Eventing、Knative Build、Knative Servingの3つの要素からなるが、Red Hat OpenShiftはその全てを利用。サービスメッシュのIstioとマイクロサービス可視化のKialiを組み合わせた「Red Hat OpenShift Service Mesh」を加えている。また、Apache Camelをベースとした軽量アプリケーション統合フレームワークであるCamel-Kを活用している。

 Red HatはOpenShiftで、「Operator Lifecycle Manager」および「Operator Framework」を通じたプラットフォームやアプリケーションの運用自動化を進めている。今回のサーバレス対応でも、これを強調している。

 同社のブログポストは、「Red Hatはハイブリッドなアプリケーション開発および運用のサポートを提供することに力を入れてきた。今回、これにサーバレスワークロードが加わった。Operator Lifecycle ManagerとOperator Frameworkを使うことで、サーバレスプラットフォーム、イベントソース、アプリケーションのデプロイメント、管理、アップグレードは、オンプレミス、そしてあらゆるクラウドプロバイダー上で一貫したものとなる。これが一貫性に加えて相互運用性を実現する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。