ニュース
» 2018年12月11日 16時30分 公開

RPAロボで「SAP S/4HANA Cloud」への入力業務を自動化 中堅中小企業のERP導入を支援――SAPら3社が新サービスを開始

SAPジャパン、RPAテクノロジーズ、アイ・ピー・エス(IPS)は、ERPクラウド「SAP S/4HANA Cloud」へのデータ入力業務をRPAで自動化するソリューションを開始。中堅中小企業のERP導入で障壁となる導入期間やコスト、導入後の運用負荷といった課題の解消を図る。

[金澤雅子,ITmedia]

 SAPジャパン、RPAテクノロジーズ、アイ・ピー・エス(IPS)の3社は2018年12月10日、中堅中小企業向けに、SAPジャパンのクラウドERP「SAP S/4HANA Cloud」へのデータ入力業務を自動化するソリューションの提供を開始した。

 同ソリューションでは、RPAテクノロジーズのRPA(Robotic Process Automation)ツール「BizRobo!」に、SAP S/4HANA Cloudへのデータ入力を自動化するための機能を追加してパッケージングしたソリューション「受託ロボ」を提供。これにより、ERPの導入時に必要な初期データの入力や、運用開始後の日々のデータ入力業務を自動化できる。

 また、同ソリューションを活用することで、SAP S/4HANA Cloudの導入期間を大幅に短縮できる上、運用開始後もロボットによる継続的なデータ入力により、ERP内のデータを継続的に最新の状態に保つことができる。

 導入期間は、利用ユーザー数や実現範囲、サポートレベルに応じて変動するが、ユーザー数50人程度で生産管理以外を実現範囲とした場合、従来は6カ月以上を要していた導入期間を約9週間まで短縮できるという。

 同ソリューションは、主に年商300億円以下で利用者数が50〜100ユーザー規模の中堅中小企業を対象に月額制で提供する。

 中堅中小企業におけるERPの導入・活用では、導入にかかる時間やコスト、人材不足に起因する導入後の運用負荷などが障壁になるという。3社は、同ソリューションの提供を通じて、ERPの課題解消を図り、中堅中小企業の働き方改革や生産性向上の取り組みを支援していくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。