ニュース
» 2018年12月12日 08時00分 公開

仮想通貨流出の次は、AI攻撃か:2018年のセキュリティ事件認知度1位はコインチェックの「NEM流出事件」、マカフィーが10大事件を発表

マカフィーは、2018年の10大セキュリティ事件と、2019年の脅威動向予測を発表した。10大セキュリティ事件の第1位は被害額が史上最大となった仮想通貨「NEM」の流出事件。脅威動向予測では、AIによる高度な回避技術を用いたサイバー攻撃が展開されると予測した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 マカフィーは2018年12月11日、「2018年のセキュリティ事件に関する意識調査」を基にした2018年の10大セキュリティ事件と、2019年の脅威動向予測を発表した。

 2018年のセキュリティ事件に関する意識調査は、日本の経営層や情報システム部門などのビジネスパーソン1552人を対象にしたもので、2017年11月から2018年11月までに報道されたセキュリティ事件に対する認知度を調べた。

認知度が高かった主なセキュリティ事件(出典:マカフィー

 第1位になったのは国内の仮想通貨取引所コインチェックから仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した事件で、認知度は48.7%だった。この事件は被害額が約580億円と史上最大になり、仮想通貨の管理体制の重要性について考えるきっかけとなった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。