ニュース
» 2018年12月12日 17時30分 公開

AIで人物を検知して製鉄所の作業安全をサポート 危険時はAIが警報を発してラインを停止――JFEスチール、NECらが共同開発

大手鉄鋼メーカーのJFEスチールは、AIを活用して製鉄所の作業者の安全行動をサポートするシステムを、NEC、NECソリューションイノベータと共同開発した。監視カメラ映像が高精度に作業者を検知して、立ち入り禁止エリアへの不意の侵入にはAIが検知して警報を発し、自動でラインを停止させる。

[金澤雅子,ITmedia]

 JFEスチールは2018年12月11日、NEC、NECソリューションイノベータとともに、AIによる画像認識技術活用して、製鉄所で作業者の安全行動をサポートする技術を開発したと発表した。

 AIによる画像認識技術を使った人物検知は、生産現場の安全対策などに活用が広がっている。しかし、製鉄所の工場内は、場所によって明るさなどの照明条件が異なる上、多種多様な装置が配置され、作業者はさまざまな動きや姿勢で作業するため、人物検知そのものが困難な環境だという。

 今回の新技術では、大量の人物画像を撮像して、ディープラーニングでAIに学習させることで、実用レベルの人物検知を可能にした。条件によって立ち入り禁止エリアが変化する特殊な工場内でも、AIが正しく禁止エリアを認識する技術を確立。この技術を核に、立ち入り禁止エリアに作業者が進入してしまった場合にはAIが検知して警報を発するとともに、自動でラインを緊急停止させるシステムを開発した。

Photo AI画像認識を活用した安全行動サポート技術の概要
Photo 作業者のさまざまな作業姿勢に対応

 JFEスチールでは、近年、世代交代の進行とともに作業経験の少ない若手社員が増加しており、安全な職場づくりの推進に向け、AIなどの先端技術を取り入れていくことが最良と判断。今回、NECのAI技術を活用した作業者の安全行動サポート技術の共同開発に取り組んだという。

 既に同システムを知多製造所(愛知県半田市)の中径シームレス管工場に導入し、有効性を確認できたことから、2019年から全社展開する予定としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。