ニュース
» 2018年12月14日 11時00分 公開

金融業は高く、サービス業は低い:国内民間企業のAI導入率は2.9%、矢野経済研が調査

矢野経済研究所の調査によると、AIを既に導入している企業の割合は2.9%だった。業種別で最も導入率が高かったのは、金融業で12.5%。最も低かったのは流通業で0.8%。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 矢野経済研究所は2018年12月13日、機械学習やディープラーニング、自然言語処理、画像認識、機械翻訳、ロボット、チャットbotなど、AI(人工知能)の導入状況に関する国内民間企業515社へのアンケート調査結果を発表した。RPA(Robotic Process Automation)など、一般にはAIに含まれない技術も一部含む。

 それによると、「関心はあるがまだ特に予定はない」と回答した企業が過半数(52.5%)を占めた。「今後取り組む予定はない」と回答した割合は15.0%。導入済み企業の割合は2.9%と低かった。

 業種別に見ると、AIを既に導入している企業の割合が最も高かったのは金融業で、12.5%の企業が導入済みだった。金融業は、実証実験を進めている段階の企業も12.5%で最も多く、「今後取り組む予定はない」と回答した割合は6.3%で最少だった。

金融業はAIの導入比率が高い(出典:矢野経済研究所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。