ニュース
» 2018年12月18日 08時00分 公開

わずか500個のサンプルで学習:CAPTCHAがとうとう終焉か? ディープラーニングを使った汎用解読ツールが開発

英ランカスター大学と米ノースウェスト大学、北京大学の研究者からなるチームが、33種類の「CAPTCHA」認証を破るAIベースのツールを開発した。高速に解読でき、大量の学習データを必要とせず、WebマスターがCAPTCHAに手を加えてもすぐに適応できるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 英ランカスター大学は2018年12月5日(英国時間)、同大学の研究者が参加する研究チームが、最も広く使われているWebサイトセキュリティシステムの1つ「CAPTCHA(キャプチャ)」を破る人工知能(AI)ベースのツールを開発したと発表した。

 CAPTCHAを破るツールはこれまでも多数発表されているものの、今回のツールは大量の学習データを必要とせず、高速で、さらに汎用だという点に新規性がある。

 研究チームが開発した新しいアルゴリズムはディープラーニングに基づいており、これまでで最も効果的なCAPTCHA解読ツールだと主張する。

 alexa.comがランク付けしたアクセス数上位50のWebサイトのうち、32のサイトがCAPTCHAを使っている。研究では、32サイトから11サイトを選び、利用されている33種類のCAPTCHAを対象とした。WikipediaやMicrosoft、eBay、Baidu、Googleなどが対象となり、これら全てのCAPTCHAを解読できたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。