連載
» 2018年12月19日 05時00分 公開

Google Chrome完全ガイド:Google Chromeで、シークレットモードでも拡張機能を使えるようにする

Google Chromeのシークレットモード(シークレットウィンドウ)では通常、拡張機能が利用できません。しかし簡単な操作で設定を変えれば、拡張機能も使えるようになります。その手順と注意点を説明します。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

連載目次

 Google Chrome(以下、Chromeと略)の「シークレットモード」(シークレットウィンドウ)を利用すると、閲覧履歴やCookieといったユーザーにひも付く情報をChromeに残さずにWebブラウジングができます(詳細は本連載の「Google Chromeのインストールから基本的な使い方まで」参照)。

 またシークレットモードを開始すると、キャッシュや各種履歴、パーソナライゼーションなどがクリアされた真っさらな状態でWebブラウジングを始められるため、Webサイトの動作確認や検索エンジンでの順位確認など、さまざまな場面で便利に使えます。

 そんなシークレットモードで困ることの一つといえば、デフォルトでは拡張機能が使えなくなることです。

Chromeのシークレットモードでは、デフォルトで拡張機能が使えない Chromeのシークレットモードでは、デフォルトで拡張機能が使えない

 実は、設定を変更すると簡単にシークレットモードでも拡張機能を使えるようになります。本稿ではその手順と注意点を説明します。

 シークレットモードを開く手順については、本連載の「Chromeのシークレットモードをキーボードショートカットで素早く開く」を参照してください。

シークレットモードで拡張機能を有効にする

 Chromeのシークレットモードで拡張機能を使えるようにするには、事前に通常モードのウィンドウを開き、アドレスバー(オムニボックス)左側にある拡張機能のアイコン一覧から、対象の拡張機能のアイコンを見つけます。

 もし見つからない場合は、アドレスバーと拡張機能のアイコンの境界部分を左方向へドラッグしてください。隠れていた拡張機能のアイコンが現れるはずです。

 次に、見つけたアイコンを右クリックしてメニューを開き、[拡張機能を管理]をクリックします。

 すると、その拡張機能の詳細設定画面が表示されるので、下にスクロールして[シークレットモードでの実行を許可する]を見つけて、それを「オン」にします。

シークレットモードで拡張機能を有効にする(1/2) シークレットモードで拡張機能を有効にする(1/2)
シークレットモードで拡張機能を有効にする(2/2) シークレットモードで拡張機能を有効にする(2/2)

 上記のスイッチをオンにすると、すぐにシークレットモードで対象の拡張機能が利用できるようになります。

 シークレットモードを開いて、有効にした拡張機能のアイコンがツールバーに表示されること、また通常モードと同様にその機能が利用できることを確認しましょう。

シークレットモードで使えるようになった拡張機能の例 シークレットモードで使えるようになった拡張機能の例

シークレットモードで拡張機能を無効にする

 シークレットモードで有効にした拡張機能を無効な状態に戻すには、前述の拡張機能の詳細設定画面で、[シークレットモードでの実行を許可する]をオフにします。

【注意】シークレットモードでも拡張機能による履歴の記録は止められない

 シークレットモードで有効にした拡張機能が、ユーザーの操作(ページ閲覧など)を何らかの形で記録している場合、シークレットモードを終了しても、その記録は削除されません

 そのため、むやみに拡張機能をどんどんシークレットモードで有効化していくと、ユーザーの操作・行動の履歴が残りにくいというシークレットモードのメリットが薄れてしまうのは留意しておくべきでしょう。

「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

Google Chrome完全ガイド

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。