ニュース
» 2018年12月19日 08時00分 公開

2019年のIT業界:IT業界はデータドリブンへと変化、Dellが予測

Dell Technologiesは2019年のIT業界に影響を与えるトレンドの予測を発表した。AIや機械学習によってデータセンターの分散化が本格化するとともに、ユーザーが日々利用している機器やアプリケーションが最適化される。ARやVRの活用で、従業員がオフィスに縛られずに働けるようになると予測した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Dell Technologiesは2018年12月18日、2019年のIT業界に影響を与えるトレンドの予測を発表した。2018年に話題に上ったクラウドやAI(人工知能)、機械学習、第5世代移動通信「5G」、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)、ブロックチェーンといった技術の活用が2018年以上に進み、デジタルトランスフォーメーションを促進すると予測した。

 まず、データセンターについては、モダンデータセンターの形が変わっていくと予測した。

 データセンターの分散化が本格的に進む。その理由は、端末の近く(エッジ)で扱うデータが増加するとともに、AIや機械学習に向けた大規模で高性能なリアルタイム処理へのニーズが高まるためだ。このため、パブリックやプライベート、ハイブリッドを組み合わせたクラウド利用が新たな標準になると予測した。

 次にAIと機械学習については、人が担当する作業とコンピュータが行う作業の境界が変化し、「考える」作業の多くがAIによって促進されるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。