連載
» 2018年12月26日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(69):Azureストレージ(V2)で静的なWebサイトのホスティングが可能に

2018年6月にパブリックプレビューが開始されたAzureストレージの「静的なWebサイト(Static Web Site)」のホスティング機能が、2018年12月12日に正式にリリースされ、一般提供されました。

[山市良,テクニカルライター]
「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

AzureストレージにHTMLを格納するだけで簡単Webホスティング

 「静的なWebサイト」のホスティングは、Azureストレージの新機能であり、ストレージアカウントの種類「StorageV2(汎用v2)」(General Purpose v2、GPv2とも呼ばれます)でサポートされます。

 StorageV2は2017年12月ごろから利用可能になった、比較的新しいアカウントの種類であり、現在は推奨されるアカウントになっています。StorageV2の提供以降、Azureストレージの新機能は、今回のようにStorageV2に対して追加されるようになりました。

 既存のアカウントの種類「Storage(汎用v1)」のストレージアカウントは、ストレージアカウントの「設定」にある「構成」ページから、簡単にStorageV2にアップグレードできます。

 「静的なWebサイト」によるホスティングを利用するには、StorageV2のストレージアカウントを作成し、「静的なWebサイト」ページで「有効」に切り替えて、既定のインデックスページ(index.htmlなど)やエラーページ(error.htmlなど)を指定して設定を保存するだけです(画面1)。

画面1 画面1 StorageV2のストレージアカウントで「静的なWebサイト」を有効化する

 「静的なWebサイト」を有効にすると、エンドポイントのURLが割り当てられて、Azureストレージ内の静的なWebコンテンツにhttpsプロトコルでアクセスできるようになります。静的なWebコンテンツの配置先となるルートパスは「BLOB CONTAINERS\$web」に用意されるので、「Storage Explorer(プレビュー)」機能やAzureストレージがサポートするその他の方法でコンテンツを配置できます(画面2画面3)。

画面2 画面2 「Storage Explorer(プレビュー)」などを使用して、Webコンテンツを「BLOB CONTAINERS\$web」の配下にアップロードする
画面3 画面3 エンドポイントのURLをWebブラウザで開けば、Webサイトを参照できる

 なお、「静的なWebサイト」をカスタムドメインでホスティングすることも可能ですが、その場合はAzure Content Delivery Network(CDN)の料金が必要になります。

Azure App Serviceよりも簡単で低コスト

 Microsoft Azureには、WebサイトやWebアプリケーションのホスティングを可能にするPaaS(Platform as a Service)サービスである「Azure App Service」(Web Appsなど)があります。こちらは、Windows Serverベースの.NET、Java、Node.js、PHP、Pythonのランタイム環境、またはLinuxベースの.NET Core、Node.js、PHP、Rubyのランタイム環境を提供するもので、Visual Studioなどの開発ツールとの連携も可能です。もちろん、静的なWebサイトのホスティングも可能です。

 Azureストレージの「静的なWebサイト」が提供するメリットは、追加コストなしで、Azureストレージの使用料だけで利用できるということです。クライアントサイドで動作するJavaScriptを利用すれば、Webアプリをホスティングすることも可能です。Azure App Serviceにも無料のプランがありますが、運用環境での利用を想定したものではありません。

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。Microsoft製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。