ニュース
» 2018年12月27日 08時00分 公開

処理性能が2倍弱向上:Ruby 2.6が公開、JITコンパイラを実装

「Ruby 2.6.0」が公開された。JIT(Just-In-Time)コンパイラが導入されたことに加え、処理性能を向上させる改善が複数施されている。終点なしRangeなどの新機能も実装された。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Rubyコミュニティーは2018年12月25日、プログラミング言語「Ruby」の最新安定版である「Ruby 2.6.0」をWebサイトで公開した。Ruby 2.6では、JIT(Just-In-Time)コンパイラや抽象構文木を扱うモジュールが導入された他、処理性能改善や「Unicode 11.0」対応、終点なしRangeなどの改善や新機能が施された。

 Ruby 2.6に導入されたJITコンパイラは、「MJIT」と呼ばれるアーキテクチャを採用したもので、C言語のソースコードを生成し、それをCコンパイラでコンパイルした上で実行するというもの。

 Rubyコミュニティーによると、「Optcarrot」というCPU負荷が中心のベンチマークテストを実行した結果、処理性能がRuby 2.5の約1.7倍に向上したという。

 ただし、Ruby on Railsアプリケーションなど、メモリ負荷の高い環境における性能向上は今回のRuby 2.6では実現できておらず、今後の課題だとした。

MJITのアーキテクチャ(出典:Rubyコミュニティー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。