連載
» 2019年01月10日 05時00分 公開

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(40):オンデマンド機能になった「リモートサーバー管理ツール(RSAT)」、そのインストール方法は?

Windows Serverをリモートから管理するためのツール群「リモートサーバー管理ツール(RSAT)」は、Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)からWindowsの「オンデマンド機能(Features on Demand)」に変更されました。

[山市良,テクニカルライター]
「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

最新RSATはオンデマンド機能としてWindows Updateから取得

 Windows Server 2016以降の「リモートサーバー管理ツール(Remote Server Administration Tools:RSAT)」は、これまでWindows 10向けにダウンロード提供されてきました。下記のサイトからは、Windows Server 2016用、Windows Server,version 1709用、Windows Server,version 1803用のRSATがダウンロードできます(画面1)。

画面1 画面1 「RSAT for Windows 10」のダウンロードサイト。重要事項としてWindows 10 バージョン1809からの変更点について説明されている。本稿執筆時点(2018年12月末)で、日本語のダウンロードサイトにはこの説明はない

 このダウンロードサイトをチェックして、最新のWindows Server 2019やWindows Server,version 1809用のRSATの提供を待っている人もいるでしょう。しかし、このダウンロードサイトに「重要事項(IMPORTANT)」として説明されているように、最新のRSATがこのサイトから提供されることはありません。

 最新のWindows 10 October 2018 Update(バージョン1809)から、RSATはWindowsの「オンデマンド機能(Features on Demand:FoD)」での提供に変更されました。Windows 10 バージョン1809(Homeエディションを除く)では、「設定」アプリの「アプリ」にある「アプリと機能」から「オプション機能の管理」を開き、「+機能の追加」をクリックして表示される機能の一覧からRSATのツールを個別にインストールできるようになっています(画面2)。

画面2 画面2 「オプション機能の管理」から「+機能の追加」をクリックして、必要なRSATツールを個別にインストールできる

 Windows 10 バージョン1803以前の場合は、RSAT for Windows 10のダウンロードサイトにある最新の「WindowsTH-RSAT_WS_1803-x64.msu」(64bit OS用)または「WindowsTH-RSAT_WS_1803-x86.msu」(32bit OS用)をダウンロードしてインストールします。

 なお、これらのMSUファイル(*.msu)は多言語版であり、ダウンロードサイトでどの言語を選択しても共通のファイルがダウンロードされます。最新のRSATではありませんが、利用可能なRSATツールについては、Windows Server 2019やWindows Server,version 1809の管理操作に大きく影響することはないはずです。

コマンドラインからRSATツールをインストールするには?

 オンデマンド機能のRSATツールは、Windows PowerShellのコマンドレットや「DISM」コマンドでインストールすることもできます。例えば、Windows PowerShellウィンドウを管理者として開き、次のコマンドラインを実行すると、まだインストールされていない、利用可能なRSATツールの一覧を取得できます。

Get-WindowsCapability -Online | Where-Object {($_.State -notmatch "Installed") -and ($_.Name -match "Rsat")} | Format-Table

 例えば、DISMコマンドを使用して「RSAT:サーバーマネージャー」だけをインストールするには、以下のコマンドラインを実行します(画面3)。

DISM /Online /Add-Capability /CapabilityName:Rsat.ServerManager.Tools~~~~0.0.1.0
画面3 画面3 Windows PowerShellのコマンドラインで利用可能なRSATツールの一覧を取得し、「RSAT:サーバーマネージャー」だけをインストールしているところ

 Windows PowerShellを使用して、まだインストールされていない全てのRSATツールをインストールするには、以下のコマンドラインを実行します。

Get-WindowsCapability -Online | Where-Object {($_.State -notmatch "Installed") -and ($_.Name -match "Rsat")} | Add-WindowsCapability -Online

RSATツールのインストールにはインターネット接続またはFoDメディアが必要

 オンデマンド機能をインストールするには、インターネット接続が必要です。なぜなら、必要なバイナリファイルをWindows Updateからダウンロードして入手するからです。

 .NET Framework 3.5など、従来のオンデマンド機能の一部は、Windows 10のインストールメディアの「Souces\sxs」に収録されており、「DISM」コマンドレットの「/Source:」オプションにメディアのパスを指定することでインストールできました。

 オンデマンド機能であるRSATツールは、Windows 10のインストールメディアには収録されていません。ボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)やMSDN(Microsoft Developer Network)サブスクリプションでは、「Windows 10 Features on Demand, version 1809」(Part1とPart2の2枚組ISOイメージ)が提供されています。

 このISOイメージを利用できる場合、次のようにコマンドラインを実行することで(DISMコマンドを使用する場合)、Windows Updateではなく、ISOイメージからRSATツールをインストールできます(画面4)。

DISM /Online /Add-Capability /CapabilityName:<RSATツールの機能名> /Source:<ISOイメージのマウント先ドライブ:> /LimitAccess 
画面4 画面4 「Windows 10 Features on Demand Part 1, version 1809」のISOイメージをマウントし、パスをDISMコマンドの「/Source:」オプションに指定する

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。Microsoft製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。近著は『Windows Server 2016テクノロジ入門−完全版』(日経BP社)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。