ニュース
» 2019年01月11日 11時00分 公開

自動運転車とIoT機器への期待は?:日本の消費者は先端技術の安全性と追加費用を危惧、NTTコム オンラインが調査

NTTコム オンラインは、「自動運転車」と「IoT機器」に対する消費者の態度について、日本を他の3カ国(米国、英国、スウェーデン)と比較調査した。日本の消費者は、これらの商品に対する関心が高い一方で、安全性や追加費用に対して慎重な姿勢を見せた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(NTTコム オンライン)は2019年1月10日、近い将来市場に登場すると注目されているAI(人工知能)を搭載した自動運転車と、急速に商品化が進んでいるIoT(Internet of Things)活用商品に対する消費者の態度について、米国、英国、スウェーデンの3カ国と日本を比較調査したと発表した。

 NTTコム オンラインの調査によると、こうした先端技術を応用した商品に対する期待は全ての国で高い。日本の消費者は特にAIを搭載した自動運転車の社会的な効果への期待が他の3カ国と比べて圧倒的に高いという。

 しかし、他の3カ国が現在の車の購入価格に対して、約半額まで追加費用を認めるとした中、日本の消費者は4分の1程度しか支払う意欲がないと分かった。

AI搭載の自動運転車にかかる費用の支払い意欲について 日本は追加費用が平均57万円であり、平均購入価格230.1万円の4分の1程度と他の3カ国よりも支払い意欲が低い。自動車を保有している人を対象として調べた(出典:NTTコム オンライン

日本の消費者は「自動運転」自体に期待

 自動運転車への認知は4カ国とも高いが、期待する効果は異なっていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。