• 関連の記事

「特集:運動で変わるシゴトとカラダ」最新記事一覧

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(5):
運動を長く無理なく続けるコツ
第1〜4回まで、運動の重要性について述べてきた。最終回では、運動を習慣化する方法をお伝えする。(2009/5/29)

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(4):
エンジニアライフ時事争論:運動する人、しない人
エンジニアライフのコラムニストは運動についてどう考えているのか。運動する人、しない人それぞれの意見を聞いた(2009/5/28)

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(3):
脳科学で解明:運動は記憶力と創造力に効果あり
特集第2回では、社会問題や国際社会、海外エグゼクティブの事例をとおして、体を鍛えることの社会的意義をお伝えした。第3回は、もう少し具体的に、運動がITエンジニアの仕事や健康にどう役に立つのか、運動しているITエンジニアや一般のビジネスパーソンの事例を基に、科学的に考えてみたい。(2009/5/27)

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(2):
21世紀の教養は、「社会貢献」と「運動」である
特集第1回では、ITエンジニアの運動不足を指摘しつつ、世の中の運動に対する関心の高まりを紹介した。しかし、新しいテクノロジやレクリエーションにあふれる現代では、運動以外のことに時間を割きたい人も多いはず。健康状態を改善するには、食べ物や医療で対処する手立てもあるだろう。では、現代に生きるビジネスパーソンがあえて運動に時間やお金を費やすことの意義とは何か。特集第2回では、体を鍛えることの社会的意義について考える。(2009/5/26)

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(1):
ITエンジニアの76%は運動不足に悩んでいる
本特集は、日ごろ運動不足のITエンジニアが体を鍛えることの重要性について考える。本日5月25日から5日間毎日更新で、運動をテーマに記事をお届けする。(2009/5/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。