• 関連の記事

「特集:運動で変わるシゴトとカラダ」最新記事一覧

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(5):
運動を長く無理なく続けるコツ
第1〜4回まで、運動の重要性について述べてきた。最終回では、運動を習慣化する方法をお伝えする。(2009/5/29)

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(4):
エンジニアライフ時事争論:運動する人、しない人
エンジニアライフのコラムニストは運動についてどう考えているのか。運動する人、しない人それぞれの意見を聞いた(2009/5/28)

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(3):
脳科学で解明:運動は記憶力と創造力に効果あり
特集第2回では、社会問題や国際社会、海外エグゼクティブの事例をとおして、体を鍛えることの社会的意義をお伝えした。第3回は、もう少し具体的に、運動がITエンジニアの仕事や健康にどう役に立つのか、運動しているITエンジニアや一般のビジネスパーソンの事例を基に、科学的に考えてみたい。(2009/5/27)

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(2):
21世紀の教養は、「社会貢献」と「運動」である
特集第1回では、ITエンジニアの運動不足を指摘しつつ、世の中の運動に対する関心の高まりを紹介した。しかし、新しいテクノロジやレクリエーションにあふれる現代では、運動以外のことに時間を割きたい人も多いはず。健康状態を改善するには、食べ物や医療で対処する手立てもあるだろう。では、現代に生きるビジネスパーソンがあえて運動に時間やお金を費やすことの意義とは何か。特集第2回では、体を鍛えることの社会的意義について考える。(2009/5/26)

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(1):
ITエンジニアの76%は運動不足に悩んでいる
本特集は、日ごろ運動不足のITエンジニアが体を鍛えることの重要性について考える。本日5月25日から5日間毎日更新で、運動をテーマに記事をお届けする。(2009/5/25)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。