• 関連の記事

「特集:運動で変わるシゴトとカラダ」最新記事一覧

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(5):
運動を長く無理なく続けるコツ
第1〜4回まで、運動の重要性について述べてきた。最終回では、運動を習慣化する方法をお伝えする。(2009/5/29)

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(4):
エンジニアライフ時事争論:運動する人、しない人
エンジニアライフのコラムニストは運動についてどう考えているのか。運動する人、しない人それぞれの意見を聞いた(2009/5/28)

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(3):
脳科学で解明:運動は記憶力と創造力に効果あり
特集第2回では、社会問題や国際社会、海外エグゼクティブの事例をとおして、体を鍛えることの社会的意義をお伝えした。第3回は、もう少し具体的に、運動がITエンジニアの仕事や健康にどう役に立つのか、運動しているITエンジニアや一般のビジネスパーソンの事例を基に、科学的に考えてみたい。(2009/5/27)

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(2):
21世紀の教養は、「社会貢献」と「運動」である
特集第1回では、ITエンジニアの運動不足を指摘しつつ、世の中の運動に対する関心の高まりを紹介した。しかし、新しいテクノロジやレクリエーションにあふれる現代では、運動以外のことに時間を割きたい人も多いはず。健康状態を改善するには、食べ物や医療で対処する手立てもあるだろう。では、現代に生きるビジネスパーソンがあえて運動に時間やお金を費やすことの意義とは何か。特集第2回では、体を鍛えることの社会的意義について考える。(2009/5/26)

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(1):
ITエンジニアの76%は運動不足に悩んでいる
本特集は、日ごろ運動不足のITエンジニアが体を鍛えることの重要性について考える。本日5月25日から5日間毎日更新で、運動をテーマに記事をお届けする。(2009/5/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。