• 関連の記事

「ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」」最新記事一覧

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(8):
あなたの価値を一番知っているのは、あなたではない
餅は餅屋、宝石は宝石屋。客観的に価値を判断できるプロに任せる方がうまくいくことが多いのだ。(2014/10/27)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(7):
人材市場の新たな潮流とは?
欧米と日本の人材紹介には決定的な違いがある。違いの分かるビジネスパーソンになって、人材紹介の新たな潮流をキャリア設計に生かそうではないか。(2014/9/9)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(6):
CTOになるのは、どの業界出身者か?
一般企業がCTOやCIOを外部から採用する事例が増えているらしい。これらの要職に就くのは、どのような経験をつんだ人だろうか?(2014/7/10)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(5):
へッドハンターが推察する、エンジニアの未来が明るい理由
今、そして将来にわたって求められ続けるエンジニアになるために、必要な要素は何だろうか。ヘッドハンター歴20年の丸山氏が伝授する「未来が明るいエンジニアの条件」とは。(2014/5/26)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(4):
お抱えヘッドハンターを活用して、キャリアの可能性を広げる
ヘッドハンターとの付き合いは、1回の転職コッキリではありません。付き合いが長くなれば、信頼できる相談者になったり、キャリアの提案者になったりもするのです。(2014/3/18)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(3):
お抱えヘッドハンターのススメ
プロフェッショナルな仕事人は、お抱えヘッドハンターを持っている! ヘッドハンター歴20年のトップハンターが指南する、ヘッドハンターとの効果的な付き合い方とは。(2014/2/3)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(2):
背景から読み解く、あなたがハンティングされた理由
「お時間のあるときにランチでもいかがですか」―― ヘッドハンターから声が掛かるのは、どういうときなのだろうか。ヘッドハンター歴20年のトップハンターが、ハンティングパターンとその背景を詳しく解説する(2013/12/19)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(1):
ヘッドハンターの目に留まるエンジニアとは?
年収1500万のエンジニアと800万円もかなわぬエンジニア。技術レベルが等しい2人の差はどこにあったのか―― ヘッドハンター歴20年のトップハンターが指南する、ヘッドハンティングされる人材とは?(2013/11/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。