• 関連の記事

「特集:生き残れるITエンジニアの「仕事術」」最新記事一覧

特集:生き残れるITエンジニアの「仕事術」(5):
デキる人研究家が語る「非効率な仕事」のススメ
「無駄だから」と省略することで、失うものについて考える。新しいアイデアや視点、面白い人との出会いなど、無駄からしか生まれないものはたくさんある。「非効率的なことをする」「人間関係は公私混同」など、逆転の発想から「これからを生き延びる能力」について考える。(2010/1/29)

特集:生き残れるITエンジニアの「仕事術」(4):
話さない職場は赤信号。フリーズ前に「脳メンテ」せよ
あまり会話がない職場で、ほとんど外出もせずにずっとパソコンの画面を見続けている。もしこういう日々を過ごしているなら、注意が必要だ。「不健康」であるだけではない。このような生活は「脳の働き」を鈍化させてゆく。いきなり脳がフリーズして動かなくなる前に、日々のメンテナンスをきちんと行おう。(2010/1/28)

特集:生き残れるITエンジニアの「仕事術」(3):
とにかく開発しまくれ! カヤック流「お薦めツール」6選
1年で99個のWebアプリケーション制作を達成したカヤックの「BM11」(ブッコミイレブン)。日々休まず開発しているBM11メンバーが、「開発現場に役立つおすすめツール」を厳選して紹介する。(2010/1/27)

特集:生き残れるITエンジニアの「仕事術」(2):
ITエンジニアに送る「はじめての時間管理術」
仕事をする際、基本となる「時間管理」。しかし、「自分には向かない」「スケジュールどおりにいかないから面倒くさい」と思っている人はいないだろうか? しかし、時間管理とは、実に「簡単」で「フレキシブル」なものなのだ。時間管理術のプロが、すぐに始められる「時間管理術」を紹介する。(2010/1/26)

特集:生き残れるITエンジニアの「仕事術」(1):
効率的かつ非効率的に。IT技術者に必要な2つの視点
ITエンジニアとして生き残るためには「効率」を考えて仕事をしていくことが求められる。一方で、あえて効率を考えないことも必要なのではないだろうか。「効率」から生まれるものと「効率」からは生まれないもの、どちらもITエンジニアの今後に必要なものである。(2010/1/25)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。