• 関連の記事

「実用 Apache 2.0運用・管理術」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「実用 Apache 2.0運用・管理術」に関する情報が集まったページです。

実用 Apache 2.0運用・管理術(最終回):
接続数/帯域制限で無法なダウンローダを撃退
画像の直リンクやコンテンツの一括ダウンロードなど、サーバに負荷を掛ける迷惑行為は後を絶たない。今回は、これらへの対処法を紹介する。(編集部)(2006/2/14)

実用 Apache 2.0運用・管理術(7):
Apacheで作るファイルサーバ(LDAP認証編)
WebDAV+SSLで、ファイルサーバとして最低限の運用は可能になった。この環境にLDAPを導入して、各種の権限をディレクトリベースで管理できるようにしよう。(編集部)(2006/1/17)

実用 Apache 2.0運用・管理術(6):
Apacheで作るファイルサーバ(WebDAV over SSL編)
WebDAVとSSL、LDAPを組み合わせて、セキュアで柔軟なファイルサーバを構築しよう。今回は、WebDAV over SSLの実現までを解説する。(編集部)(2005/12/13)

実用 Apache 2.0運用・管理術(5):
Poundで作るロードバランサとSSLラッパ
Webサーバの負荷を軽減する方法として、リバースプロキシによる代行とロードバランサによる分散が考えられる。今回は、これらによる負荷の低減方法について解説する。(編集部)(2005/11/8)

実用 Apache 2.0運用・管理術(4):
mod_deflateによるコンテンツの圧縮転送
サーバのマシン性能は十分でも、コンテンツの転送時間がボトルネックとなってパフォーマンスが出ない場合がある。このようなときの対処法として、コンテンツの圧縮転送がある。(編集部)(2005/10/7)

実用 Apache 2.0運用・管理術(3):
httpd.confによるWebサーバの最適化
Webサーバのチューニングには、いくつかの段階がある。今回は、httpd.confの修正によるApacheの最適化について説明する。(編集部)(2005/9/16)

実用 Apache 2.0運用・管理術(2):
JMeterによるWebサーバ性能評価の勘所
サーバのボトルネックを見極めるには、適切な性能評価が必要。ApacheBenchとJMeterによる、効果的な性能評価のポイントを紹介する。(編集部)(2005/9/6)

実用 Apache 2.0運用・管理術(1):
Apache 2.0の必須設定と基本セキュリティ対策
本連載では、Apache 2.0の運用や管理方法を解説する。第1回では、その下準備として必須の設定と基本的なセキュリティ対策を行い、今後の運用に備える。(編集部)(2005/8/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。