• 関連の記事

「ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス」に関する情報が集まったページです。

ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス(12):
私の上司は管理能力ゼロ。さっさと転職した方がいい?
常にコンピュータ並みの正確さを要求されるITエンジニアたち。しかし、ITエンジニアを取り巻く環境自体に、「脳を乱す」原因が隠れているという……。ITアーキテクトが贈る、疲れたITエンジニアへの処方せん。(2008/9/26)

ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス(11):
何をやっても続かないSEを変えた「貢献・評価・満足」
常にコンピュータ並みの正確さを要求されるITエンジニアたち。しかし、ITエンジニアを取り巻く環境自体に、「脳を乱す」原因が隠れているという……。ITアーキテクトが贈る、疲れたITエンジニアへの処方せん。(2008/7/23)

ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス(10):
欲しいものを手に入れるには「場所」が重要
常にコンピュータ並みの正確さを要求されるITエンジニアたち。しかし、ITエンジニアを取り巻く環境自体に、「脳を乱す」原因が隠れているという……。ITアーキテクトが贈る、疲れたITエンジニアへの処方せん。(2008/6/20)

ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス(9):
辞める? 辞めない? 迷ったときの決断法
常にコンピュータ並みの正確さを要求されるITエンジニアたち。しかし、ITエンジニアを取り巻く環境自体に、「脳を乱す」原因が隠れているという……。ITアーキテクトが贈る、疲れたITエンジニアへの処方せん。(2008/5/19)

ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス(8):
私だってもう少し「技術者」でいたかった
常にコンピュータ並みの正確さを要求されるITエンジニアたち。しかし、ITエンジニアを取り巻く環境自体に、「脳を乱す」原因が隠れているという……。ITアーキテクトが贈る、疲れたITエンジニアへの処方せん。(2008/4/24)

ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス(7):
社内論文の提出期限は3週間後。どうしよう!
常にコンピュータ並みの正確さを要求されるITエンジニアたち。しかし、ITエンジニアを取り巻く環境自体に、「脳を乱す」原因が隠れているという……。ITアーキテクトが贈る、疲れたITエンジニアへの処方せん。(2008/3/6)

ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス(6):
私だけ不当に評価が低い。どうして?
常にコンピュータ並みの正確さを要求されるITエンジニアたち。しかし、ITエンジニアを取り巻く環境自体に、「脳を乱す」原因が隠れているという……。ITアーキテクトが贈る、疲れたITエンジニアへの処方せん。(2008/2/7)

ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス(5):
深夜の呼び出し。早く資料を届けないと!
常にコンピュータ並みの正確さを要求されるITエンジニアたち。しかし、ITエンジニアを取り巻く環境自体に、「脳を乱す」原因が隠れているという……。ITアーキテクトが贈る、疲れたITエンジニアへの処方せん。(2008/1/10)

ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス(4):
会社に行くのが怖い。どうしたらいいの?
常にコンピュータ並みの正確さを要求されるITエンジニアたち。しかし、ITエンジニアを取り巻く環境自体に、「脳を乱す」原因が隠れているという……。ITアーキテクトが贈る、疲れたITエンジニアへの処方せん。(2007/11/27)

ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス(3):
突然の規定変更。そんなの誰が決めたの?
常にコンピュータ並みの正確さを要求されるITエンジニアたち。しかし、ITエンジニアを取り巻く環境自体に、「脳を乱す」原因が隠れているという……。ITアーキテクトが贈る、疲れたITエンジニアへの処方せん。(2007/10/25)

ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス(2):
「そんなレビューのこと、聞いていません!」
常にコンピュータ並みの正確さを要求されるITエンジニアたち。しかし、ITエンジニアを取り巻く環境自体に、「脳を乱す」原因が隠れているという……。ITアーキテクトが贈る、疲れたITエンジニアへの処方せん。(2007/10/3)

ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス(1):
なぜ、ITエンジニアの頭脳は疲労するのか
常にコンピュータ並みの正確さを要求されるITエンジニアたち。しかし、ITエンジニアを取り巻く環境自体に、「脳を乱す」原因が隠れているという……。ITアーキテクトが贈る、疲れたITエンジニアへの処方せん。(2007/8/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。