• 関連の記事

「プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」」に関する情報が集まったページです。

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(11):
それは本物の失敗じゃない
「失敗から多くのことを学びました」「私が成功したのは、失敗のおかげです」いやいや、失敗はそんな甘美なものではない。本物の失敗とはね……。(2014/9/22)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(10):
「バブル期の日本」と「シリコンバレーなう」の共通点
シリコンバレーでは今、二流エンジニアたちがオフィスの卓球台の周りで多忙ぶりを嘆き合っている。その姿はまるで、バブル時代のニッポンのサラリーマンのようだ。(2014/8/5)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(9):
スタートアップコミュニティを盛り上げるべきは誰なのか
大阪にはスタートアップ向けの立派な仕組みがあるのに、スタートアップコミュニティが盛り上がっていないらしい。原因はどこにあるのだろうか。(2014/6/17)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(8):
“伝統的な営業スタイル”は、いつでもどこでも必要なのか
日本の営業マンは、とても親切だ。製品購入前にはあなたの会社まで来て丁寧に説明し、購入後もサポートの窓口となってあれこれ世話を焼いてくれる。しかしそうした営業スタイルを、顧客は常に望んでいるのだろうか?(2014/4/11)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(7):
必要なのは夢ではない、付加価値だ
起業家に必要なのは、斬新なアイデアか、高い技術力か。もしくは大きな夢や志か―― いや、現実はもっとシンプルだ(2014/1/20)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(6):
日本のシリコンバレーは何処だろう
日本の大学で学んだことは、実社会ではほとんど使い物にならないことが多い。この状況を打破するための試みが、日本のある場所で始まっている(2013/12/12)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(5):
快適なオフィスが起業を促進するわけではない
日本で起業が活発化しないのはなぜだろうか? 市場の制度、日本人の気質、未整備の制度、それとも……?(2013/11/6)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(4):
コピーキャット(パクリ屋)との戦い方
ビジネスは弱肉強食だ。規模の面ではるかに勝る同業他社にオリジナル製品やサービスをパクられたら、どうすればよいのだろうか。(2013/10/2)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(3):
現実は「ソーシャル・ネットワーク」ではない
(2013/9/6)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(2):
言葉の壁で守られた市場が、日本の起業家の武器
(2013/6/26)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(1):
起業家は、非現実的に楽観的だからこそ素晴らしい
(2013/5/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。