連載一覧

「Tech TIPS(旧Windows TIPS)」では、WindowsクライアントやWindows Serverを中心に、クラウドサービスやAndroidスマートフォン/タブレット、iPhone/iPad(iOS)、Office、スクリプトなどの「テクノロジ」をビジネスシーンで活用するためのテクニックや基礎知識を解説しています。

プロセッサやメモリなど半導体の設計・製造現場の舞台裏を解き明かします。

セキュリティアナリストと呼ばれる人たちが、どのような考え方やマインドで仕事をしているのかを探るべく、技術とともに“人”にフォーカスしたコラムをお伝えします。

システムかんりしゃ「アドミンくん」が奮闘したりしなかったり。かれこれ10年以上、好評連載中!

Twitterのセキュリティ関連のタイムラインから注目の話題をピックアップしてお届けします。

加速するクラウドの普及と相まって、増加し続けるIDとパスワード。アイデンティティ情報に関わる運用コストの増加や不正アクセスなどの問題は、多くの企業にとって悩みの種となっています。導入費用を抑えてこれらの問題を対策するためには、OSSによるアイデンティティ管理システムの導入が有効です。

HTML5ではできることが広がり、さまざまな表現がWebアプリケーションで実現できるようになりました。セキュリティ面でも「できること」がいっぱいあります。HTML5&JavaScript開発に携わる全ての人にお勧めの、はせがわようすけ氏による連載です。

このコラムでは、セキュリティ企業FFRIのメンバーが、おのおののアンテナに引っかかったセキュリティ業界の話題を紹介していきます

プログラミング初心者を対象にExcelマクロ/VBAを使った業務自動化プログラムの作り方を一から解説します。

業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。

「Windowsネットワークの基礎」は、これからWindowsネットワークの管理を学びたい初心者管理者を対象に、「Windowsネットワーク」について、その基本的な概念や使い方、運用方法、内部アーキテクチャ、トラブルシューティングなどについて解説するコーナーです。

「Windows OS入門」では、これからWindowsのシステム管理を始めるIT担当者や、もっとWindowsを活用して効率を高めたいユーザー、そして改めて復習したい現役のシステム管理者といった方々に向けて、Windows OSを構成するさまざまな技術について毎回テーマを1つ選び、その内部構造なども踏まえて解説していきます。

話題となったHeartbleedをきちんと理解できていますか? 本連載では、ゼロデイ攻撃を議論するための基盤となる「基本的な技術情報」をまとめます。

Insider.NET読者にピンポイントで役立つプログラミングテクニックとヒント集です。

IT投資が増加していくとされる2020年に向け、技術の革新は進みこれまでにない多様な技術が開発現場で当たり前のように使われることが予想される。過去を振り返ると、スマートフォンやクラウドの出現により、ここ5、6年の間で多様な技術習得を迫られた開発現場も少なくないはずだ。では次の時代に向けてITエンジニアはどうあるべきなのか。本特集では日本のITエンジニアが現在抱える課題や技術への思いを読者調査を通じて浮き彫りにし、ITエンジニアは未来に向けてどのような道を歩むべきか、キャッチアップするべき技術の未来とはどのようなものかを研究する。

刻々と変わっていくWindows 10の最新情報をお伝えします。

「Tech TIPS(旧Windows TIPS)」では、WindowsクライアントやWindows Serverを中心に、クラウドサービスやAndroidスマートフォン/タブレット、iPhone/iPad(iOS)、Office、スクリプトなどの「テクノロジ」をビジネスシーンで活用するためのテクニックや基礎知識を解説しています。

本連載では、これからプログラミングやiPhoneアプリ開発を始めてみたい方を対象に、開発に必要な知識を基礎から解説していきます。

「セルフサービスBI(セルフサービス ビジネスインテリジェンス)」とは何でしょうか? ビジネスの現場にいる人たちにとって何がうれしいのでしょうか? 本記事では、業務担当者のために、3回に分けてこれを紹介します。

Windows OSは、複数のコンピュータ間でそれぞれの持っている時刻情報を同期させる機能を持っている。本連載ではWindowsシステム/ネットワークの管理者を対象に、この時刻同期機能の基本原理やWindows OSにおける設定方法、トラブルシューティングなどの方法を全4回で解説する。

本連載は、システム開発プロジェクトの進め方の再入門である。プロジェクトでは、さまざまな問題が発生するが、その中でも、進捗に影響するポイントに絞り、明日から使えるような施策を紹介する。

Microsoft Azureの最新機能、最新情報を技術的側面から詳しく解説します。あわせて活用Tips、ノウハウも紹介します。

久山真宏の「サイバーセキュリティ・ピックアップ」で、新しい技術や複雑な仕組みを一緒に学んで生きましょう。

ゲーム開発環境Unity 5の「Personal Edition」では、Unity 4.6以前では有料だった機能が無料で使えるようになった。本連載では、Unity 5で無料になった機能の使い方について解説していく。

ガントチャート(Gantt chart)とは、プロジェクト管理や生産管理などで工程管理に用いられる表のことです。本連載で、ガントチャート作成を通じてプロジェクトマネジメントのABCを学びましょう。

あのダークナイトが再び這い上がり、帰ってきた! ペンテスターとしての長い経験を踏まえ、自らの、そして周りの人々を守るために知るべき「攻撃者のやり方」を解説する。

このマスターIT連載は、IT Pro初心者に向けて、さまざまなITテクノロジーを紹介、解説するコーナーである。まずは暗号化テクノロジーを取り上げる。

みならい君が帰ってきました! 見習い内部統制室メンバーの「みならい君」が、上司や先輩に指導を受けながら、マイナンバー制度への対応作業を行っていく物語をお送りします。

単身ベトナムに移住し、法人立ち上げ、現地エンジニア採用などに携わっているエンジニアの姿通じて「グローバル」な働き方のノウハウや心構えなどをリポートする。

エンジニアを取り巻く転職事情はここ数年で、従来の転職サイトや転職エージェントを利用するスタイルから、オープンでソーシャルなスタイルへと大きく変化しました。エンジニアが納得のいくキャリアを自律的にドライブするには、転職をどのように考え、どのように取り組めばよいのか。元プログラマー、現Web系企業人事担当者の「きのこる先生」が、「かろやかに」に指南します。

エンジニアならば、情報の重要性を誰よりも理解しているはずです。そこで、クラウド時代にエンジニアが知っておくべき「暗号」論を、もう一度おさらいしてみてはいかがでしょうか。デブサミにて反響が大きかった「クラウドを支えるこれからの暗号技術」を執筆した筆者による新連載です。

USBメモリよりも少し大きなケースにPCの機能が詰め込まれたスティックPCが、いくつものメーカーから販売されている。小型で液晶テレビに直接接続できるメリットを生かした用途が考えられる。本連載では、スティックPCを実際に活用するための方法をいくつか紹介する。

新規のエンタープライズJava開発において現在有力視される3つのフレームワーク、Java EE、Spring Framework、Play Framework。本連載では、3つの違いについて、アーキテクチャ、UI開発/画面の作り方、画面遷移、セッション管理、トランザクション、DBアクセス、開発生産性(ツール/デプロイ/CI/テスト)、外部システムとの連携などの観点から見ていきます。

SDNのような新しい技術が登場しても、ネットワークを支える基礎はそうそう変わりません。一度は学んだことがある「TCP/IP」。本当にふに落ちていますか? 本連載ではツールを使って、実際に手を動かし、目で見ながら、TCP/IPの仕組みを基本から「実感」していきます。

著者:澤田健(株式会社サードウェア) さまざまなIT関連業務経験ののちに2013年よりインフラエンジニアとしての業務に携わる。また、DRBDを始めとするオープンソースソフトウエアのサポート業務にも携わっている。ツイッターでDRBDの情報発信も行っている。TwitterID:@ksawada1979。

iPhoneゲームをSwift言語で作成してみたいという初心者向けにiOSのゲームフレームワークを使った作り方を一から解説する入門連載。

データ分析は、どうサッカーを変える可能性があるのだろうか。一般企業でも、データを活用することを考える際、何を目的に、どういうデータを収集し、どう分析するかが重要なテーマとなるが、サッカーではどうなのか。サッカーとデータ分析の関係を探る2回シリーズ

SE(システムエンジニア)に代表されるITの技術者の仕事について、仕事の内容、日常、喜び、やりがいなどを分かりやすく紹介します。SE100人から取得した生のアンケートを踏まえながら、SEの仕事の「りある」に迫ります。

近年取り上げられるセキュリティ関連のさまざまなテーマについて、「素朴な疑問」から出発し、セキュリティ初心者の方にも分かりやすく解説します。

一口に「ITエンジニア」と言っても、その仕事は職種によってさまざまだ。「ITエンジニア職業図鑑」は、「プログラマー」「SE(システムエンジニア)」「プロジェクトマネジャー」などのIT業界に存在するさまざまな職業を取りあげ、仕事内容や必要とされる能力、仕事のやりがいなどを紹介する。IT業界に興味のある学生諸君の職業選択の参考になれば、幸いだ。

キョーテイ、オワハラ、ESにGDにSPI――IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授しよう

今、IoT(Internet of Things)が世界を大きく変えようとしている。企業は現実世界から大量データを収集・分析して製品・サービスの開発/改善につなげ、社会インフラはあらゆる予兆を検知してプロアクティブに対策を打つ。だが、IoTはドライバーにもリスクにもなり得る。データの収集力、分析力、そして価値あるアクションに落とし込む力次第で、チャンスをモノにもできれば奪われもするためだ。企業・社会はこの流れをどう受けとめるべきか?――本特集ではIoTの意義から、実践ノウハウ、不可欠なテクノロジまでを網羅。経営層からエンジニアまで知っておくべき「IoT時代に勝ち残る術」を明らかにする。

@IT人気連載筆者の根岸征史氏と辻伸弘氏が、昨今のセキュリティインシデントなどを動画で分かりやすく解説します。

高知のIT企業で働く村上八重さんが、Uターンの実情を紹介します。

都会から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での生活の実情や所感などをセキララに伝えていく本連載。まずは高知にUターンしたはちきん娘(土佐弁で男勝りでハツラツとした女性)が高知編をお届けする。高知をはじめたとした地方への移住を検討するエンジニアの参考になれば幸いだ。

●筆者紹介 大喜多利哉(おおきた としや) 1978年生まれ、神奈川県横須賀市出身。メーカー系システムインテグレーター、ISP、商社系ネットワークインテグレーターで、インフラエンジニアとしてプリセールスからITインフラ設計/構築/運用と、上流工程より一貫して携わる。現在はWebシステム開発運用会社でオンプレミス環境からパブリッククラウドへの移行案件を担当している。

「DevOps」を精神論や厄介事だと思っていませんか? 本連載では、DevOpsと関連ツールを正しく理解し、その具体例である「OpenStackを基盤とした“ブルーグリーンデプロイメント”を構築」してその運用イメージを体感できるよう、分かりやすく“現場目線”のノウハウを解説していきます。

エンジニアライフで人気のITエンジニア小説「Press Enter■」待望のコミック化! 第一弾は、ITベンダーのエンジニアたちが主人公の「罪と罰」からのスピンアウト企画「賢者の贈り物」。レイコさんが、クミちゃんが、マンガになって帰ってきました!

分析ツールとして広く利用されているGoogleアナリティクスの概要と、代表的なアクセス分析の方法について解説します。

●著者:佐々木智一 ユニアデックス株式会社 未来サービス研究所 自社IP電話関連プロダクトなど、ソフトウエア開発を経験した後、近年はSDNやOpenStack、IoTなどに関するR&Dを担当。IKEAでDIYが休日の楽しみ。

「スピードと絶え間ない変化」こうしたビジネスに応じたスピーディな開発・改善を支える上で、インフラ部門は、具体的にどのような対策が求められるのでしょう。本連載では、インフラ部門が今後理解しておくべき運用の考え方を整理し、具体的な実践例となる「OpenStackを基盤としたブルーグリーンデプロイメント」を実現する“現場目線”のノウハウを解説していきます。

「Tech Basics Keyword」は、IT Proやシステムエンジニアの方々を主な対象として、IT業界でよく使われる基本的なキーワード、あるいは次々と登場する新しい技術や概念、サービスなどをコンパクトに解説するコーナーです。

「Finance(金融)」と「Technology(技術)」を足した造語である「FinTech」。その旗印の下、IT技術によって金融に関わるさまざまな業務や処理を利便化し、ビジネスの拡大を図る動きが国内金融業界から大きな注目を浴びている。大手銀行からスタートアップまで「FinTech」という言葉を用い、新しいビジネスを展開するニュースが後を絶たない。言葉が氾濫する一方で、必要な技術について理解し、どのように生かすべきか戦略を立てられている企業は、まだ多くないのではないだろうか。本特集では金融業界がFinTechでビジネスを拡大するために必要な技術要件を浮き彫りにし、一つ一つ解説していく。

DDoS攻撃の手法の変遷や事件などの「歴史」を振り返ることを通じてその本質に迫り、有効な対策について考えます。

「情報セキュリティマネジメント試験」の重要ポイントを短期集中で総ざらいしましょう! 「セキュリティスペシャリスト試験」や「ネットワークスペシャリスト試験」の対策本を執筆する左門至峰氏が解説します

ITサービスのパフォーマンスが、ビジネスのパフォーマンスを左右する時代になって久しい。こうした中、企業にはビジネスを取り巻く環境変化に応じてサービス、インフラをスピーディに最適化する「動的な運用管理」が不可欠となっている。だが現在は、仮想化環境やクラウド、商用ソフトやOSSが混在した複雑なインフラが主流。変化に応えながら、サービスを止めることなくシステムを運用するには、人手中心の管理は限界を迎えている状況だ――。本特集では、人手、スキル、コストに制約がある中でも、こうした時代に対応できる運用スタイルを紹介。クラウド/OSS時代の運用スタイルに不可欠な要件、無理なくステップアップする運用ノウハウを分かりやすく解説する。

「セキュリティ人材不足」が叫ばれるようになって久しい昨今ですが、本当に人材は不足しているのでしょうか。そもそも、セキュリティ人材とは、どのような人材を指すのでしょう。現場でセキュリティ教育に携わってきた筆者が、この問題についてあらためて考えます。

「Dev Basics/Keyword」は、開発者(特に本フォーラムの主要な読者であろう.NET開発者)の方々を主な対象として、アプリ開発において基本となるキーワード、知っておくべきことがら、最近話題のあの用語を取り上げて簡潔に紹介していくコーナーです。

人間にまつわるセキュリティを考える上では、どのような理論や考え方をベースにすればよいのでしょうか。心理学や行動科学、犯罪学などの知見を基に、人的セキュリティについて考えます。

セキュリティフォーラムで記事を執筆する筆者陣に、専門分野に関する最新の知見や今後の展望、その他個人的な関心事などについてインタビューします。

本連載「マイクラで始めるプログラミング入門」では、子どもたちに大人気のゲーム「Minecraft(マインクラフト、マイクラ)」を題材にYouTube実況動画付きで「プログラミング」を学んでいく。具体的には、小型PC端末Raspberry Pi(ラズベリーパイ、ラズパイ)上でビジュアルプログラミング環境である「Scratch(スクラッチ)」からMinecraftを操作する方法を解説する。

近年、さまざまな技術トレンドが注目され、ニュースとして盛んに取り上げられています。それらは社会、企業に対してどのようなインパクトを及ぼすのでしょう。ベンダーを中心としたプレーヤーたちは何を狙いとしているのでしょう。 本連載は、それらのニュースから一歩踏み込んで、キーワードの“真相”と“裏側”を聞き出し、今後「何が必要か」を伝えていきます。

システム開発・運用には通じているけれど、セキュリティとなると不安がある。そんなシステム担当者の方は多いのではないでしょうか。本連載「システムインテグレーションとセキュリティ」では、“SI視点”に立って、システム担当者が考慮すべきセキュリティ上のポイントについて、分かりやすく解説します。

バージョンの違いに左右されないスタンダードなアーキテクチャで、セキュリティやパーミッション、テストのしやすさ、開発効率の向上などを考慮した、実業務で使えるAndroidアプリ開発のノウハウを提供していきます。

連載「Androidで動く携帯Javaアプリ開発入門」のアップデート連載です。

Linuxを勉強してみたいけど、どこから手を付けてよいか分からない、何だかよく分からないまま使っている……そんな方々のための連載です。

スマートフォンの普及やIoT時代の到来により、「IPv4アドレス枯渇問題」への対応が一層緊急度を増しています。本連載では、モバイルキャリアなどのサービス事業者のIPv6対応に向けた動きや、技術面から見たときのIPv6対応について、前後編にわたり解説します。

●著者:佐々木智一 ユニアデックス株式会社 未来サービス研究所 自社IP電話関連プロダクトなど、ソフトウエア開発を経験した後、近年はSDNやOpenStack、IoTなどに関するR&Dを担当。IKEAでDIYが休日の楽しみ。

「スピードと絶え間ない変化」ビジネスに応じたスピーディな開発・改善を支える上で、インフラ部門は、具体的にどのような対策が求められるのでしょう。本連載では、インフラ部門が今後理解しておくべき運用の考え方を整理し、具体的な実践例となる「OpenStackを基盤としたブルーグリーンデプロイメント」を実現する“現場目線”のノウハウを解説していきます。

クラウドの浸透などを背景に、SIビジネスが崩壊すると言われて久しい。だがなかなか顕在化しない崩壊に、かえって有効な手立てを打てず不安だけを募らせているSIerね多いようだ。そこで本特集ではSIビジネスの地殻変動を直視し、有効なアクションに変えたSIerにインタビュー。SI本来の在り方と行く末を占う。

「Tech Basics/Catalog」は、IT Proやシステムエンジニアの方々を主な対象として、よく利用されるIT系の製品やサービスなどをジャンルごとにまとめて一覧化するコーナーです。

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。

クラウドによって誰しもが大量のコンピューティングリソースをすぐに使える時代になり、開発・運用エンジニアにおいても新たな技術を自ら試して取り込むことが重要視されている。しかしここで注意すべきは、「新しい技術を使用して、新しいものを作るだけで価値が生み出せるわけではない」ということだ。重要なのは「それを実際のビジネスサイクルの中でどう効率良く、かつスピーディに生かすか」である。そのために必要な技術や手法にも目を向けることによって、エンタープライズにおける、あるべきアーキテクチャ設計が見えてくる。

あなたは「とにかく新しい技術を」と思い込んで、話題のソフトウェアやツールの利用方法にばかり目を向けてしまっていないだろうか? 企業が求めるエンジニアとしての本質を忘れていないだろうか?――本特集は「市場に求められる」「本当の価値を持つ」エンジニアであるために必要な考え方や、手法を詳しく解説。あらためて“エンジニアとしての自分の価値”に気付ける@ITからの処方箋だ。

およそ全てのビジネスをITが支えている今、「ビジネス展開にリニアに連動した開発・運用」を実現できるか否かが、「差別化」のカギを握っていると言ってもいいだろう。だが、「ビジネスと開発・運用が連動する」と言葉で言うのは簡単だが、現実はそれほど単純ではない。差別化のためにはスピーディな開発・リリースが大前提。しかしニーズにかなったものでなければ意味がない以上、要件変更にも柔軟に対応できることが求められる。では一体どうすれば、「差別化」に役立つシステムをスピーディかつ柔軟に作れるのだろうか?――プラクティスやツールの効用を生かし切る、「アジャイル時代のプロジェクト管理」の要件を今明らかにする。

クラウドの浸透などを背景に、「SIビジネスが崩壊する」と言われて久しい。だが顕在化しない“崩壊”に、かえって有効な手立てを打てず不安だけを募らせているSIerも少なくないようだ。本特集ではSIビジネスの地殻変動を直視し、有効なアクションに変えたSIerにインタビュー。SI本来の在り方と行く末を占う。

セキュリティ技術の基本を網羅的に学びたい方のために、さまざまなセキュリティ技術を一望できる「世界地図」を提供します

本連載では、WebSocketを扱えるNode.jsのライブラリ「Socket.IO」の使い方について解説します。

ビジュアルプログラミングツールである「Scratch」を使って、プログラミングで何ができるのかを体験してもらう連載。基本的にScratchの使い方やプログラミングの仕方は動画で解説し、ポイントは文章でも補足していくことで分かりやすく学べると思うので、子どもにプログラミングを体験させるきっかけにしてほしい。

本連載では、「マニュアルやシェルスクリプトを使ったサーバ管理に課題を持つ方」を対象に、Ansibleの基本的な使い方を紹介します。

本連載では、バージョン管理システム「Git」とGitのホスティングサービスの1つ「GitHub」を使うために必要な知識を基礎から解説していきます。具体的な操作を交えながら解説していきますので、本連載を最後まで読み終えるころには、GitやGitHubの基本的な操作が身に付いた状態になっていると思います。

ITエンジニアに向け、「ビジネスに貢献するIoT活用」の第一歩を踏み出す「今後のひらめき」を得てもらうための本連載。数百円から1万円ほどで入手できるIoTボードコンピュータとIoT向けOS、そして、いつでも/どこでも/どれでも使えることを視野に入れた「ユニバーサルWindowsアプリ(UWP)」の活用をテーマに、プログラミングと業務アプリケーションの作成を想定したIoT活用の実践ノウハウをお届けしていく。

本特集では、なぜ今ハードウェアの知識が求められるのかを浮き彫りにし、今までソフトウェアの知識中心でインフラを構築してきたエンジニアが、チップからサーバー、ストレージまで、ハードウェアの知識をいかにして身に付け、活用していくべきかの道標としたい。

書籍から、特にWindows Server Insider読者に有用だと考えられる個所を編集部が選び、出版社の許可を得て転載する。

IoTやFinTechという新たな潮流は、システム開発の在り方を変えようとしている。キーワードは「デザイン」だ。今や、デザインは人間の行動から体験そのものまでが対象。新たな価値創造のためのプロセス・方法論として活用が進みつつある。デザインの観点で見直されるシステム開発の今を探る。

さまざまな分野のOSSを検証に基づいて徹底比較する本連載。クラウド、OSS時代に必須の知見をコンパクトにポイントを押さえて紹介する完全保存版。

本連載では、拡張現実(AR)用ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のエミュレーターを使ってHoloLens用アプリの作り方を解説する。

OpenFlowを開発した後、SDNベンダーNiciraを創業。ヴイエムウェアでSDN事業を年間売上6億ドル規模にまで育てたMartin Casado氏に、これまでを振り返ってもらう2回連載。

本連載では、さまざまなソフトウェアのインストール手順や、実行するためのセットアップ設定、実行確認、アンインストールの手順を解説する。
少しでも分かりやすくするために画面キャプチャー/スクリーンショットの画像を中心に解説を進める。スマートフォンで読む場合は、最初に出てきたスクリーンショットの画像をタップすると、左スクロールで画像を見ながら手順を追うことができるので、スマートフォンを片手に画像を確認しながら、PCで実際に操作してみる、といったこともしやすいはずだ。もちろんネットワークにつなげず、携帯電話の回線でしか見ることができない場合もぜひ読んでほしい。

運用監視をはじめ、多くの企業が取り入れているOSS(オープンソースソフトウェア)。目的に応じて最適なものを選択し、うまく使いこなせば強力な武器となるが、それができなければかえって手間や混乱の原因にもなりかねない。本連載では注目のOSSをピックアップして実際に検証し、基本的な優位性、劣位性を明確化。ぜひOSSを選ぶ際の参考にしてほしい。

IoT時代の爆発的な「コネクテッドデバイスの増加」は、同時に「爆発的なログの増加」も意味している。従って、効率的にログを収集・分析する高度な技術に対する要請がますます高まっているといえるだろう。本特集では、IoT時代に必要な「ログ活用」のための実践的な情報を提供する

ハイパーコンバージドインフラは、市場の広がりとともに、製品は急速な変化を続けている。その現状を分かりやすく解説するとともに、今後どのように変化していくのかを探る。

競争が激しい現在、ビジネス展開の「スピード」が差別化の一大要件となっている。「膨大なデータから、顕在・潜在ニーズをスピーディに読み解く」「プラント設備の稼働データから、故障を予測・検知して自動的に対策を打つ」「コールセンターの顧客対応を自動化する」など、あらゆるフィールドで「アクションのスピードと品質」が競争力の源泉になりつつある。こうした中で注目を集めている「人工知能」――人には実現できないスピードで膨大なデータを読み解き、「ビジネスの差別化/社会インフラの改善」を支援するものとして、今さまざまな分野で活用の検討が進んでいる。こうした動きは、ビジネス、社会をどのように変え、エンジニアには何を求めてくるのだろうか? 人工知能のインパクトを、さまざまな角度からリポートする。

「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、「SQL Serverで起こりがちなトラブル」を厳選して、具体的な対処方法を紹介していきます。第1回目の今回は「トラブルを適切に対処する考え方」を解説します。

本連載は、Windows PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。

「ケーブル&コネクタ図鑑」では、写真を中心に、PCやスマートフォンといったIT機器でよく用いられているコネクタやケーブルについて説明します。

日本OpenStackユーザ会とアイティメディア@IT編集部が2016年3月3日に開催したOpenStackセミナー、「@IT×日本OpenStackユーザ会 企業のためのOpenStack実践編」をリポートする。

今までWindows OSのみを使ってきた管理者やIT Proを対象に、Windows上で使っていたコマンドや管理作業は、Linux上ではどのようなコマンドや作業になるのかを、簡単かつコンパクトに解説します。

リクルートテクノロジーズの社内ラボ、ATL(Advanced Technology Lab)で行っている、主に非金融領域に対するブロックチェーンの活用に向けたR&Dを紹介する連載。

政府の成長戦略の中で小学校の「プログラミング教育」を必修化し2020年度に開始することが発表され、さまざまな議論を生んでいる。そもそも「プログラミング」とは何か、小学生に「プログラミング教育」を必修化する意味はあるのか、「プログラミング的思考」とは何なのか、親はどのように準備しておけばいいのか、小学生の教員は各教科にどのように取り入れればいいのか――本特集では、有識者へのインタビューなどで、これらの疑問を解きほぐしていく。

今、ネットワークの世界で注目される新ムーブメント、「SD-WAN」。具体的にユーザーにとって何を意味するのかを探る連載。

一般企業によるオープンソース活用が広がりつつあるが、課題も多い。本連載ではこうした観点から、さまざまなオープンソースソフトウェア/プロジェクトと一般企業の関係を探る。

SQL Serverシステムの管理業務について、ビギナー管理者向けに、その内部にはあまり立ち入ることなく、最低限の管理ができるようになることを目標として、Q&A形式で解説する。

ITサービスをリリース・改善するスピードが、ビジネス差別化の要件となっている今、サービス開発の在り方にも変革が求められている。では具体的に、どのような変革が必要なのか? @IT編集部が6月に主催したセミナー「ソフトウェア品質向上の”変”2016初夏」からそのポイントを紹介する。

このWindows Q&Aは、Windows管理者の気になる疑問点にコンパクトかつタイムリーに答えることを目的としています。基本的に執筆された時点の状態を維持する通常の記事とは異なり、記載の情報に更新があった場合には、積極的に最新情報に更新していきます。

本連載では、Deep Learningの中でも、時系列データを扱うRecurrent Neural Networkについて解説。加えて、その応用方法として原稿校正(誤字脱字の検知)の自動化について解説します。

 IT業界で活躍中の「キラキラ」したエンジニアに仕事内容や喜び、関わっている技術について語っていただくインタビュー集。

「ビッグデータプロジェクトを始めることになった」ら、何をすればいいのか──。本連載は、「ビッグデータプロジェクトの“進め方”」を業務視点/ビジネス視点の両面から具体的に理解し、実践していくためのナレッジアーカイブです。

デジタルトランスフォーメーションが進む中で、エンジニアの役割、テクノロジの使い方が大きく変わりつつある。ITがビジネスを左右し、場合によっては業界構造すら破壊してしまうと言われている中で、われわれはどう変わっていけば良いのだろうか? 本連載では、ガートナーのアナリストにリレー形式でインタビュー。デジタルディスラプションに対応するための指針を探る。

子育てや介護、場所や時間の制約などさまざまな制約で従来は働くことを「諦めていた」人たちを、働き続けさせようという動きが各所で現れている。本特集は、1億総ワークスタイル変革時代を支援するテクノロジーを紹介する。

本連載では、銀行系システムについて、その要件や歴史を整理しつつ、スマートフォンを使う銀行取引やブロックチェーンなど、新しい技術が及ぼす影響を考察していきます。

およそ全てのビジネスをITが支えている今、IT活用の在り方が企業の収益・ブランドを左右する状況になっている。特に昨今のIoT、FinTechトレンドに象徴されるように、ITサービス開発・改善の「スピード」が差別化の前提条件となり、自社の強みをITの力で増幅させた企業が、サービスを通じて他業界にも進出するなど、業界構造の変化さえ起こし始めている。物理の世界とテクノロジを結び付け、新たな価値を創出する「デジタルトランスフォーメーション」が進む中で、まさしくエンジニアがビジネスの主役になりつつあるのだ。 だが同時にこのことは、「スピード」を担保できない、「価値」を生み出せないエンジニアは活躍の場が縮小していくことも意味する。もはや従来型のスキル、スタンスだけでは対応できない時代が、すぐそこまで来ているのだ。ではIoT、FinTechにとどまらず、各業種でサービス開発競争が激化する中、「求められるエンジニア」であり続けるためにはいったい何が必要なのか? 本特集ではキーパーソンの声を通じて、「いま身につけるべきエンジニアのスキルセット」を明確化する。

欧米の金融関連サービス組織は今、何を考えてどのような場面でHadoopを活用しているか。ユースケース、およびビジネスの変化との関連をインタビューで探る。

IoT、FinTechトレンドが本格化する中、製造、金融に限らず各業種でITサービス開発競争が進んでいる。テクノロジの力で各業種におけるビジネスのルールが大きく塗り替えられ、新しいプレーヤーが既存のプレーヤーを脅かすデジタルディスラプションも起こりつつある。ではこうした中で、企業が勝ち残るために持つべき要件とは何なのか? ITでビジネスを推進するデジタル時代の差別化の源泉を、複数の「業界×Tech」事例に探る。

本連載では、現実的な視点から、従来のネットワーク運用をいかにSDNによって改善できるのかを考えていきます。

OpenStackは利用フェーズに入ってきた。世界で、そして日本で、企業における導入が急増し、その利用目的も多様化してきた。OpenStack Summit Barcelonaで得たOpenStackの最新情報、および世界/日本における具体的な導入事例をお届けする

データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。【Oracle Database 12c対応版】

データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。【Oracle Database 12c対応版】

 「開発残酷物語」は、システム開発会社比較検索サービス「発注ナビ」ユーザーのシステム開発会社の方々に、自慢(?)の失敗事例を披露いただき、契約で押さえるべきポイントやプロジェクト運営の勘所、トラブル防止法など、いわゆるバッドノウハウを共有し、読者諸氏がこれから経験するトラブルを未然に防ぐことを目的としている。  聞き手は、豊富なデスマーチ経験を持つ山本一郎氏。

Oracle Databaseのライセンス体系が2016年1月に変更され、これまでSE1/SEを利用していたユーザーは「実質の値上げを受け入れる」か「Oracle Databaseをやめる」かの選択が迫られています。本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。

IoT、X Techトレンドに象徴されるように、今やIT活用の在り方が収益・ブランドを左右する時代。今、IT部門には業務部門と共にサービス企画を発想し、スピーディに実現する「クリエーター」としての役割が求められている。だがここで注意したいのは、「サービスを作ること」ばかりがフォーカスされがちなことだ。いかにスピーディにサービスをリリースしても、安定運用できなければ信頼失墜を招く。そう、ビジネスの勝敗を決するカギは、リリース後のロイヤルティを支える運用管理スタッフが握っているのだ。こうした中、米グーグルが提唱した「SRE」――Site Reliability Engineer(サイト信頼性エンジニア)が注目を集めている。「サイトの信頼性向上のために、自動化、障害対応、パフォーマンス管理、可用性担保などを通じて収益・ブランドを支える役割」という概念だ。本来的にはWeb系企業における概念だが、ほぼ全てのビジネスをITが支えている今、一般的な企業の情シスにこそ、このSREの役割が求められるのではないだろうか。本特集では「SREという役割」を考察。“ビジネスにおける運用管理の価値”を再定義する。

グローバルでデジタルトランスフォーメーションが進む中、国内でもIoTに取り組む企業が急速に増加している。だが成功事例が着実に増えつつある半面、大方の企業にとってIoTはまだ高いハードルであるようだ。@IT総力特集「IoT アーキテクチャカタログ」ではそうした国内企業の実態を基に、ハードルを乗り越え実践に乗り出すための情報を包括的に提供していく。

グローバルでデジタルトランスフォーメーションが進む中、国内でもIoTに取り組む企業が急速に増加している。だが成功事例が着実に増えつつある半面、大方の企業にとってIoTはまだ高いハードルであるようだ。@IT総力特集「IoT アーキテクチャカタログ」ではそうした国内企業の実態を基に、ハードルを乗り越え実践に乗り出すための情報を包括的に提供していく。

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Smarter with Gartner」と、ガートナー アナリストらのブログサイト「Gartner Blog Network」から、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップ。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、企業データセンターにおけるITインフラの主流になると考えられている。なぜなのか。普及にはどのような課題があるのか。本特集では、文字通りHCIのAからZまでを、さまざまな立場の読者に向けて紹介する。

本連載では、デジタル化するさまざまな業界で、先駆的な、あるいはユニークな取り組みをする人に焦点を当て、ビジネスとテクノロジーの関係を語ってもらう。

Dockerの概要を知るための超入門連載

2016年夏に開催されたリオデジャネイロオリンピック/パラリンピック。この全世界的スポーツイベントにおけるサイバーセキュリティ対策はどうなっていたのか。本記事では2回に分け、同オリンピックにおけるサイバーセキュリティ対策を統括した専門家たちによる講演の内容を再構成してお届けする。

リオ五輪の情報セキュリティ責任者たちが、この世界的なイベントを支えたセキュリティ対策について語った

新たなクラウド監視ツールとして注目され始めている「Sensu」の活用方法を解説します。

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。