OpenSCAPで脆弱性対策はどう変わる?

「OpenSCAPで脆弱性対策はどう変わる?」の連載記事一覧です。

OpenSCAPで脆弱性対策はどう変わる?(3):

本連載では、グローバルスタンダードになっている「SCAP」(セキュリティ設定共通化手順)、およびそれを基にシステム構成や脆弱性の検査を行うためのOSSツール「OpenSCAP」や、その周辺の技術、用語などを紹介する。今回は、XCCDF(セキュリティ設定チェックリスト記述形式)、OVAL(セキュリティ検査言語)について。

【面和毅 , OSSセキュリティ技術の会】()
OpenSCAPで脆弱性対策はどう変わる?(2):

本連載では、グローバルスタンダードになっている「SCAP」(セキュリティ設定共通化手順)、およびそれを基にシステム構成や脆弱性の検査を行うためのOSSツール「OpenSCAP」や、その周辺の技術、用語などを紹介する。今回は、CWE(共通脆弱性タイプ)、CCE(共通セキュリティ設定一覧)について。

【面和毅 , OSSセキュリティ技術の会】()
OpenSCAPで脆弱性対策はどう変わる?(1):

本連載では、グローバルスタンダードになっている「SCAP」(セキュリティ設定共通化手順)、およびそれを基にシステム構成や脆弱性の検査を行うためのOSSツール「OpenSCAP」や、その周辺の技術、用語などを紹介する。初回は、SCAPの概要について。

【面和毅 , OSSセキュリティ技術の会】()

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。