OSSによるアイデンティティ管理

加速するクラウドの普及と相まって、増加し続けるIDとパスワード。アイデンティティ情報に関わる運用コストの増加や不正アクセスなどの問題は、多くの企業にとって悩みの種となっています。導入費用を抑えてこれらの問題を対策するためには、OSSによるアイデンティティ管理システムの導入が有効です。

OSSによるアイデンティティ管理(5):

OpenIDMは、アイデンティティ情報のプロビジョニングとライフサイクル管理を実現するOSSです。オープンスタンダードな技術を採用し、高い柔軟性と拡張性を備えています。

【和田 広之(野村総合研究所), 田村 広平(フリーランス) , @IT】()
OSSによるアイデンティティ管理(4):

OpenAMは、SAMLをはじめとする多くのフェデレーションプロトコルに対応しています。先日ローンチされたOpenID Connectにもいち早く対応しました。

【和田 広之(野村総合研究所), 田村 広平(フリーランス) , @IT】()
OSSによるアイデンティティ管理(3):

今回は、OpenAMの姉妹製品で既存アプリケーションを改修せずにシングルサインオンを可能にする「OpenIG」と、OpenAMのデフォルトデータストアである「OpenDJ」について解説します。

【和田 広之(野村総合研究所), 田村 広平(フリーランス) , @IT】()
OSSによるアイデンティティ管理(2):

多発するパスワードリスト攻撃による不正ログインに対しては、リスクベース認証やワンタイムパスワード認証を含む多要素認証が効果的です。今回はオープンソースのアクセス管理ソフトウェアであるOpenAMの概要と、OpenAMが提供するリスクベース認証(アダプティブリスク認証、デバイスプリント認証)、ワンタイムパスワード認証(OATH/YubiKey認証)について解説します。

【和田 広之(野村総合研究所), 田村 広平(フリーランス) , @IT】()
OSSによるアイデンティティ管理(1):

加速するクラウドの普及と相まって、増加し続けるIDとパスワード。アイデンティティ情報に関わる運用コストの増加や不正アクセスなどの問題は、多くの企業にとって悩みの種となっています。導入費用を抑えてこれらの問題を対策するためには、OSSによるアイデンティティ管理システムの導入が有効です。

【和田 広之(野村総合研究所), 田村 広平(フリーランス) , @IT】()

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。