ITエンジニア U&Iターンの理想と現実

都会から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での生活の実情や所感などをセキララに伝えていく本連載。まずは高知にUターンしたはちきん娘(土佐弁で男勝りでハツラツとした女性)が高知編をお届けする。高知をはじめたとした地方への移住を検討するエンジニアの参考になれば幸いだ。

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(25):

ITエンジニアならば、PCとネットワークがあればどこでも働ける――それが本当なら、もっと鳥取にIT企業があっていいはずだし、もっとITエンジニアがいてもいいはずだし、もっとITの教育機関があってもいいはず。なのに、現実は……。U&Iターンの理想と現実、鳥取編は、人口減少に悩む倉吉市で町工場を営むトライアスリートが、鳥取県の「現実」を誠実にお伝えします。

【蓑原康弘(ミノハラ製作所) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(24):

交通の便が悪い、降雪量がハンパないetc.etc.――後悔しない移住をするためのデメリットのチェック方法を伝授します。

【秋元悠史(ウェブインパクト) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(23):

沖縄県にある離島の1つ宮古島が、エンジニアのテレワークを応援している。美しい海がある観光地では、どんな働き方ができるだろうか。

【加山恵美 , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(22):

大阪&東京&仙台&台湾&ベトナム&インド&中国。海外を含む7拠点でバーチャルチームを組んで開発を行う「台湾楽天市場」の開発チームは、どのような工夫をしているのだろうか。

【國枝直人、伊藤久彰(楽天) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(21):

大阪といえば、お笑い、たこ焼き、ヒョウ柄のおかん――いえいえ、それだけじゃないんです。大阪は、エンジニアが住みやすく働きやすい街なんです。

【國枝直人、伊藤久彰(楽天) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(20):

田舎の生活は単調で、仕事もつまらないに決まっている?――秋田県五城目町でクリエイティブな仕事や働き方を模索する若者が考える「協働のポイント」とは?

【秋元悠史(ウェブインパクト) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(19):

小学校も中学校も1校ずつ、65歳以上人口45%超の過疎地で何ができるのか……。U&Iターンの理想と現実をつづる本連載。秋田編は五城目町の廃校を利活用したオフィスで創造的な仕事に取り組む男の奮闘記です。

【秋元悠史(ウェブインパクト) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(18):

ダンナが「移住する」と言いだしても、帯同するパートナーには、見知らぬ土地での子育てや人間関係などの不安があります。NPO法人マミーズ・ネットの中條美奈子さんに、地方へ移住する子育て中の家庭が抱えがちな悩みや解決策について伺いました。

【竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(17):

仕事、家族、家、地域との関わり……移住にはさまざまな課題や心配事があります。エンジニアのU&Iターン事情をお届けする本連載、今回はこれまでのキャリアを捨てる覚悟で長野へ移住、転職、独立したITコンサルタントにインタビューしました。

【竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(16):

「いざ! 移住」となっても「仕事はどうする?」「地域になじめる?」など、さまざまな不安が発生します……ITエンジニアのU&Iターンの理想と現実をお届けするこの連載。今回は、新潟編。田舎にUターンしてエンジニアになった筆者の実体験をセキララにつづります。

【竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(15):

北海道の生活は自然との闘いなのか、IT企業やエンジニアの求人はあるのか?――U&Iターンの理想と現実をお届けする本連載、北海道編のスタートです。

【川喜田歩(メリディアン・メディカルサービス) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(14):

「本気」と書いて「マジ」と読む――U&Iターンの理想と現実をお届けする本連載。島根編第3回は、U&Iターンエンジニアたちに大人気のスーパー公務員たちをお招きして座談会を開催しました。

【羽角均(モンスター・ラボ) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(13):

U&Iターンをしたいなら、実際にしている人に聞いてみよう! LIG野尻湖オフィスにIターンしたエンジニアにインタビューしました。

【竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(12):

家電量販店がない! 三菱東京UFJ銀行のATMがない! でもね……U&Iターンの理想と現実をお届けする本連載。島根編第2回は、通勤や住宅事情などの「松江市に住み、働くということ」のリアルをお届けします。

【羽角均(モンスター・ラボ) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(11):

新潟に移住したら、行政はサポートしてくれるの?――U&Iターンの理想と現実をお届けする本連載。新潟編第2回は「移住を支援する行政担当者」にインタビューしました。

【竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(10):

ITエンジニアはPCと電源があれば、どこでも働けるよね?――U&Iターンの理想と現実「島根編」の第1回は、お城で、お寺で、民宿で、ネットワークとクラウドツールを駆使して働くIターンエンジニアのリモートワーク事情を紹介します。

【羽角均(モンスター・ラボ) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(9):

沖縄といえば、「ちんすこう」「シーサー」「スピード」「ビギン」「米軍基地」。でも、それだけじゃないんです。U&Iターンの理想と現実「沖縄編」のスタートです!

【伊藤敦史(geechs) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(8):

長野といえば「野沢菜」「善光寺」そして……「働く場所!」。U&Iターンの理想と現実「長野編」の始まり始まり。

【竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(7):

街はどんなところ? エンジニアの仕事はあるの?――「もし、新潟で働くとしたら」と考えると、いろいろな疑問や不安が生じるはずです。U&Iターンの理想と現実をお届けする本連載。新潟編の始まりです。

【竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(6):

都会から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での実情を伝える本連載。岡山編第3回は、エンジニアのライフライン「コミュニティー」や給与の「実情」をセキララにレポートする。

【中嶋政和(クリエ・ココ) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(5):

都会から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での実情を伝える本連載。岡山編第2回は、交通事情や住宅情報など、移住検討者が気になる情報をセキララにレポートする。

【中嶋政和(クリエ・ココ) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(4):

都市部から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での実情を伝える本連載。今回から3回は「岡山編」をお届けする。地方への移住を検討するエンジニアの参考になれば幸いだ。

【中嶋政和(クリエ・ココ) , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(3):

都会から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での実情を伝えていく本連載。高知編 第3弾は、高知に移住したはちきん娘(土佐弁で男勝りでハツラツとした女性)が、同僚エンジニアに聞いた地方ならではのメリット/デメリットをセキララにお伝えする。地方への移住を検討するエンジニアの参考になれば幸いだ。

【Nextremer 村上八恵 , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(2):

都会から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での実情を伝えていく本連載。高知編 第2弾は、家賃や食費など生活面で掛かる費用について、はちきん娘(土佐弁で男勝りでハツラツとした女性)がセキララにお伝えする。高知をはじめたとした地方への移住を検討するエンジニアの参考になれば幸いだ。

【Nextremer 村上八恵 , @IT】()
ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(1):

都会から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での生活の実情や所感などをセキララに伝えていく本連載。まずは高知にUターンしたはちきん娘(土佐弁で男勝りでハツラツとした女性)が高知編をお届けする。高知をはじめたとした地方への移住を検討するエンジニアの参考になれば幸いだ。

【Nextremer 村上八恵 , @IT】()

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。