セキュリティ教育現場便り

「セキュリティ人材不足」が叫ばれるようになって久しい昨今ですが、本当に人材は不足しているのでしょうか。そもそも、セキュリティ人材とは、どのような人材を指すのでしょう。現場でセキュリティ教育に携わってきた筆者が、この問題についてあらためて考えます。

セキュリティ教育現場便り(8):

セキュリティ教育に携わる筆者が、本当に必要なセキュリティ教育を解説する本連載。最終回では、筆者が考える「セキュリティ人材に必要な3ポイント」を紹介します。

【富田一成(ラック) , @IT】()
セキュリティ教育現場便り(7):

セキュリティ教育に携わる筆者が、今本当に必要なセキュリティ教育を解説する本連載。第7回では「証拠保全」の方法を、具体的なツールの操作手順とともに解説します。

【富田一成(ラック) , @IT】()
セキュリティ教育現場便り(6):

セキュリティ教育に携わる筆者が、今本当に必要なセキュリティ教育を解説する本連載。第6回では、「証拠保全」の具体的な注意点と無料ツールを紹介します。

【富田一成(ラック) , @IT】()
セキュリティ教育現場便り(5):

セキュリティ教育に現場で携わる筆者の経験から、今本当に必要なセキュリティ教育について考える本連載。第5回では、インシデント対応に不可欠な「証拠保全」のポイントを解説します。

【富田一成(ラック) , @IT】()
セキュリティ教育現場便り(4):

セキュリティ教育に携わる筆者の経験をベースに、本当に必要なセキュリティ教育を考える本連載。第4回では、インシデントレスポンスにおける「テクニカル担当」の役割を解説します。

【富田一成(ラック) , @IT】()
セキュリティ教育現場便り(3):

筆者の経験を基に、本当に必要なセキュリティ教育について考える本連載。3回のテーマは「情報セキュリティ事故(インシデント)対応」です。インシデント発生時の混乱した状況に適切に対処するための担当者の役割、あるべき姿について考えます。

【富田一成(ラック) , @IT】()
セキュリティ教育現場便り(2):

筆者の経験を基に、本当に必要なセキュリティ教育について考える本連載。第2回のテーマは「組織全体のセキュリティ対策を考えられる人の育て方」です。継続的なセキュリティ対策の実施に不可欠な人材をどうすれば育成できるのかについて考えます。

【富田一成(ラック) , @IT】()
セキュリティ教育現場便り(1):

昨今「情報セキュリティ人材の不足」がしきりに叫ばれていますが、本当に人材は不足しているのでしょうか。そもそも、「セキュリティ人材」とは一体どのような人材を指すのでしょう? セキュリティ教育に現場で携わってきた筆者が、今求められる人材育成について考えます。

【富田一成(ラック) , @IT】()

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。