Gartner Insights Pickup

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Smarter with Gartner」と、ガートナー アナリストらのブログサイト「Gartner Blog Network」から、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップ。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

Gartner Insights Pickup(81):

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、オンプレミスインフラの柔軟化、アジャイル化の推進に貢献する。I&Oリーダーが今、HCIを今後にわたり活用するための4つのポイントをまとめた。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(80):

アナリティクスの活用は、ビジネスの現場では新しいことではない。だが、最近の進化がこの分野を大きく変えようとしている。データ/アナリティクス担当リーダーは、インテリジェントで直感的な技術に投資し、自社ユーザーのニーズをサポートしなければならない。

【Sarah Hippold, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(79):

ブロックチェーンは長期的に見ると、サプライチェーンに破壊的な変革をもたらす可能性がある。だからこそ、現在ITベンダーが宣伝しているブロックチェーンソリューションの検討は、注意をもって行うべきだ。

【Kasey Panetta,Gartner】()
Gartner Insights Pickup(78):

最高情報セキュリティ責任者はCIOをサポートし、デジタルビジネスにおける新たな機会を捉える必要がある。では、具体的にはどのように行動すればいいのだろうか。

【Jill Beadle, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(77):

カスタマーエクスペリエンスは、幅広い測定指標で総合的に把握する必要がある。個々の指標の改善を積み上げることが全体的な向上につながる。

【Susan Moore, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(76):

中堅企業のCIOは、どうすれば社員のデジタルを使いこなす力を高め、業績向上につなげることができるか。取り組むべきは、IT担当部署とビジネス部門の連携強化だ。そのためには“大使”を起用すべきだ。

【Kasey Panetta,Gartner】()
Gartner Insights Pickup(75):

サイバーセキュリティ対策では、「何が重要なのか」「何が危険なのか」「何が現実解なのか」の3点を、表面的ではなく深く考えるべきだ。これが2018年6月に米国で開催されたGartner Security and Risk Management Summitでの、Gartnerによるアドバイスだ。

【Jill Beadle, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(74):

ITインフラ&オペレーション(I&O)の担当リーダーは、自社のIoTの取り組みで積極的にリーダーシップを発揮する必要がある。それはなぜか。

【Laurence Goasduff, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(73):

ソフトウェア業界では、誰もがサブスクリプションモデルへの移行を進めなければならなくなっている。だが、実際の移行過程ではさまざまな課題が発生する。先行ベンダーが自社の経験から学んだ教訓をお届けする。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(72):

「顧客データプラットフォーム(CDP:Customer Data Platform)」は最新のマーケティング技術だ。マーケッターがこの有望な技術を最大限に活用するには、その多様な機能を実践的に理解する必要がある。まず、CDPの全体像を把握したい。

【Chris Pemberton, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(71):

大きなプロジェクトやプログラムの救済が必要になることがよくある。プロジェクトマネジャーやスポンサーは、10ステップのプロセスを踏むことで、これを救うことができる。

【Rob van der Meulen, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(70):

Gartnerは、顧客中心を実践している組織に共通する10の習慣を明らかにした。

【Laurence Goasduff, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(69):

AIは、今後10年以上にわたってマーケティングのやり方を大きく変革する可能性を持っているという。では、マーケッターがAIブームに踊らされることなく、AIを利用した顧客エクスペリエンスを管理するには、何に注目すればいいのだろうか。

【Chris Pemberton, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(68):

組織はデジタルトランスフォーメーションにおいて、特定タスク向けのツールからハイブリッド統合プラットフォーム(HIP)に移行する必要がある。ばらばらな部品を組み合わせるだけでは、ビジネス上重要なインパクトをもたらせないことが見えてくるからだ。

【Rob van der Meulen, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(67):

GDPRは、EU居住者の個人データを処理、保持する全ての組織に、その所在地にかかわらず適用される。本稿では、さまざまなビジネスおよびITリーダーにとって最も重要な事項をまとめて紹介する。

【Jill Beadle, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(66):

アプリケーション開発チームは、デジタルトランスフォーメーションの進展に伴い、開発需要の激増に対応しなければならなくなる。これを支援するのが、AI(人工知能)に基づく“共同開発者”の導入だ。

【Rob van der Meulen, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(65):

最高技術責任者(CTO)は、CxOの役職の中で最も理解されていないものの1つだ。技術イノベーションをリードするとは、具体的にどのようなことなのか。その答えは企業によって大きく違う。ここでは、CTOの役割を5つのペルソナで考える。

【Rob van der Meulen, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(64):

Gartnerは、公共機関におけるパブリッククラウドサービスの利用規模は、2021年まで2桁のペースで拡大すると予測している。一方で、2021年までにプライベートクラウドの導入がパブリッククラウドの2倍のペースで進む見通しだ。これをどう考えるべきだろうか。

【Rob van der Meulen, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(63):

デジタルトランスフォーメーションや新手のサイバー攻撃は、企業の脅威対策にどのような変化をもたらしているのか。企業はデータ侵害の阻止に力を入れる傾向がある。だが、それは負け戦であることが分かってきた。

【Wunmi Bamiduro, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(62):

既存のデータ管理・分析機能をIoTにそのまま適用しようとする企業は多い。だが、綿密な考慮を経た上で無理のない利用方法を考えないと、プロジェクトは失敗する恐れがある。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(61):

多くの企業はDevOpsへの取り組みを強化しようとしている。だが、その取り組みで成果を挙げるのは容易なことではない。どうすればいいのか。企業が採用すべき8つのステップを紹介する。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(60):

CIOは、シンプルなフレームワークを使って従業員を全社的な変革に駆り立てられる。このフレームワークで特に重要なのは、「なぜ」を理解させるための魅力的なストーリーを構築することだ。

【Jill Beadle, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(59):

GartnerのCIO調査によると、ビジネスのデジタル化は全ての業種でビジネス目標の上位10項目に入っている。ただし、取り組みの進展や成熟度は業界によって異なる。

【Laurence Goasduff, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(58):

CIOに求められるのは、労働力の転換を見越して人員計画を立て、ビジネスとそのニーズの変化に効果的に対応できる人材パイプラインを構築することだ。

【Sony Shetty, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(57):

マーケティングでは、「アジャイル」がキーワードになっている。柔軟で機動力を備えたチームを組織し、マーケティングデータや分析ダッシュボードから素早く洞察を得る活動を進めるべきだ。

【Chris Pemberton, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(56):

今や、どのような企業も自社としてのクラウド戦略を策定しなければならない。では、どのような戦略を立てればいいのか。これを考える際に、主な意思決定者とステークホルダーが答えるべき、5つの質問を紹介する。

【Rob van der Meulen, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(55):

今後、ロボットなどの「モノ」が進化し続けると、人間はそのうちモノを擬人化することになるだろう。これを懐疑的に捉える必要はない。人間は、モノの声に耳を傾けることにより、さまざまなメリットを得られるようになっていくはずだ。

【Laurence Goasduff, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(54):

よく練られた「セキュリティチャンピオン(推進リーダー)プログラム」は、組織の長期的な行動変化を後押しする。では、セキュリティチャンピオンとは何か。どうやって有効なプログラムを構築すればいいのだろうか。

【Susan Moore, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(53):

「拡張現実(AR)」「仮想現実(VR)」「複合現実(MR)」といった没入型技術が、AIの進化を追い風に実用化を目指している。だが、これらの技術を本格的に活用できるためには、エッジコンピューティングが必要になってくる。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(52):

「AIは雇用を減らすが、逆にそれ以上の雇用を創出する」「組織がAIを活用していくためには、その限界に注意し、『バイアス』についての意識を高める必要がある」――。Gartnerのエグゼクティブ・バイスプレジデントでグローバルリサーチ責任者のピーター・ソンダーガード氏は、こうしたことを2018年のダボス会議で話した。

【Jill Beadle, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(51):

ITインフラのモダナイズを進める企業は多いが、そのプロセスは短絡的な思考に基づくものになりがちだ。最大の効果を発揮するための、ITインフラモダナイゼーションの進め方を5つのステップで説明する。

【Rob van der Meulen, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(50):

2018年のダボス会議で世界のビジネスリーダーと語り合った。「AIと人々の働き方」「デジタルビジネスの今後の進展」は、こうした人たちの共通の関心事だ。

【Peter Sondergaard, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(49):

2018年は、さまざまな企業におけるAIへの取り組みが加速し「AI民主化元年」になりそうだ。なぜなら、AIに関わる課題の多くが解決とまではいかなくとも軽減に向かう見通しだからだ。

【Laurence Goasduff, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(48):

データが価値を生み出す時代に入りつつある今、最高データ責任者(CDO)を任命する企業が増えている。だが、CDOの仕事は綱渡り師のように難しい。成功に近づくためにCDOが採用すべき、6つの戦術を紹介する。

【Laurence Goasduff, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(47):

企業におけるデジタルトランスフォーメーションでは、変革を「なぜ行うのか」を共有することで求心力が生まれる。米国のCIOが、変革のためのさまざまなコツについて語った。

【Jordan Bryan, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(46):

コンテナベースのアプリケーション開発・運用環境は、企業における本格的な導入が進みつつある。だが、こうした環境の本番デプロイでは、6つの重要なポイントを理解し、対応する必要がある。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(45):

今後の企業には、デジタルビジネスの成功に必要なIT部門の変革を実行できるリーダーが求められる。優れたCIOが満たすべき10項目。あなたは幾つ当てはまるだろうか。

【Kasey Panetta,Gartner】()
Gartner Insights Pickup(44):

エッジコンピューティングは、ほぼリアルタイムの洞察を可能にし、ローカルな処理や行動を促進する。IoTにおける多くのユースケースで、なくてはならないソリューションだ。だが、リスクも存在することを忘れてはならない。

【Rob van der Meulen, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(43):

情報システム部長などのITリーダーがIT投資について経営陣に打診する場合、どのような説明をすべきか。ビジネスへの貢献を軸に、説得力のある指標を3つのステップで用意すべきだ。

【Chris Pemberton, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(42):

デジタルシフトが本格化して4年が経過した今、デジタルトランスフォーメーションは「過度な期待」のピーク期にあり、厳しく評価されつつある。そして、ビジネスリーダーの3分の2は、自社が競争力を維持するのにデジタル化のペースを上げなければならないと考えている。

【Susan Moore, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(41):

AIの一般的な定義では自動化に力点が置かれており、その結果として、ITリーダーやビジネスリーダーにとっての活用機会は見過ごされていることが多い。AIをどのように活用すべきか考えているなら、自社にとって不可欠な部分への活用を追求しなければならない。

【Chris Pemberton, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(40):

今や、デジタルビジネスを支えるのにデータセンターは必要不可欠だ。では、その実現に障害となるのは何だろうか。Gartnerのバイスプレジデント兼最上級アナリストのジョージ・ワイス氏に聞いた。

【Rob van der Meulen, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(39):

AIのおかげで、スマート冷蔵庫があなたの気分を察して、感情に合った食べ物を勧めてくれるようになる。

【Laurence Goasduff, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(38):

重大なサイバーセキュリティインシデントに見舞われた後で、取締役会から説明を求められた場合に備えるにはどうすればいいか。取締役会に伝えるべきこととは? 伝えるべきでないこととは?

【Susan Moore, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(37):

デジタルビジネス担当役員は、熱心であればあるほど、戦略や計画の策定をやり過ぎることがある。しかし、それは逆効果であることに気が付かなければならない。

【Mark Raskino, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(36):

APIは、多くの企業にとって、もはや「取り組むべきかどうか」という段階にはない。人、企業、モノをつなぎ、あらゆるデジタル戦略の基盤になりつつある。APIを自社のデジタル基盤の中心にする取り組みで、注意すべき5つのポイントを紹介する。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(35):

EUは、2018年5月に一般データ保護規則(GDPR)を施行する。この規則は、EU域外の企業にも大きな影響を与える。組織は、施行時にGDPRに対応できるように、5つの優先課題に取り組まなければならない。

【Rob van der Meulen, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(34):

デジタルビジネスの進展で、データ中心主義だけでは不足するようになっていくだろう。ITはイベント(事象)への指向性を高めることが要求されるようになる。アプリケーションリーダーは、“イベント思考”を戦略の技術的、組織的、文化的な基盤に据えなければならない。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(33):

Gartnerの調査によれば、BI/アナリティクスの普及率は3割程度だ。これは「多い」といえるのだろうか、それとも「少ない」のだろうか。BI/アナリティクスは、どれだけ普及すれば十分なのだろうか。

【Cindi Howson, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(32):

Microsoftは大掛かりな営業改革を進めている。重点顧客や重点業種を明確化するとともに、クラウドの利用促進に向け、ユーザーの実利用実績に基づく営業担当者への報酬を重視する制度を導入した。

【Stephen White, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(31):

WannaCryをきっかけに、ランサム攻撃は多くの企業や組織の注目を集めるようになった。だが、ランサムウェアとはどのようなものなのか、対策はどうすればいいのかといった点については、必ずしも正しいとは言えない俗説が流布している。そこで、7つの俗説を「ファクトチェック」する。

【Kasey Panetta,Gartner】()
Gartner Insights Pickup(30):

今後のITセキュリティは、AI、自動化、クラウド可視化にけん引される。Gartnerが毎年実施しているセキュリティ予測の2017年版をお届けする。

【Kasey Panetta,Gartner】()
Gartner Insights Pickup(29):

サイバーセキュリティがビジネスにとって重要な理由を、取締役会に理解してもらう必要がある。セキュリティやリスク管理のリーダーが取締役会の場で、非技術系の取締役に分かるように説明するためのコツを解説する。

【Kasey Panetta,Gartner】()
Gartner Insights Pickup(28):

なぜ今、機械学習に投資すべきなのか。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(27):

ソーシャルメディアデータの力は、分析の即時性や精度の高さにある。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(26):

企業のマーケティング、そしてビジネスそのものが、破壊的変革の時代に突入している。こうした時代にマーケティングはどうあるべきなのか。「顧客エクスペリエンス」「音声」「モノ」「機械」「人」に、あらためて焦点を当てるべきだ。

【Chris Pemberton, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(25):

AIの活用により、顧客の満足度を大幅に高められる可能性がある。企業が消費者向け製品・サービスでAIを推進する際の重要なポイントの1つは、「ユーザーの時間をどれだけ節約できるか」ということにある。

【Amy Forni, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(24):

APIを単なる技術的ツールとしてではなく、自社のビジネスモデルやデジタル戦略の基盤として活用するため、CIOやCDOは、10のキーポイントを考慮する必要がある。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(23):

ブロックチェーンは将来、金融業界よりもサプライチェーンを大きく変革する可能性がある。だが、この技術の限界や未熟さを理解しなければならない。真価が発揮できるのは、10年先になる可能性もある。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(22):

一般企業は、デジタル化の波にどう対応すべきか。アプリケーション開発の側面からいえば、方法論の刷新とアナリティクスの活用が不可欠になってくる。

【Rob van der Meulen, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(21):

CIOには戦略について適切なコミュニケーションが必要だ。誰がステークホルダーなのかを明確に認識し、全ての主要なステークホルダーからの適切な理解と関与を得ることで、技術戦略を成功に導く必要がある。

【Kasey Panetta,Gartner】()
Gartner Insights Pickup(20):

セルフサービスBIツールやアナリティクスプラットフォームのユーザーは、データと分析に基づき、容易に「データストーリー」を語れるようになってきた。これを生かすことで、組織は適切なビジネスアクションを機動的に実行しやすくなってきた。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(19):

小売大手の米シアーズが苦境にあえいでいる。今回は米ボーダーズ、米コダック、米サーキットシティなど過去に破綻した3社と、ビジネスを継続している競合3社を比較する。そこから分かるのは、顧客体験(CX)を追求して生まれる力だ。

【Augie Ray, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(18):

エッジがクラウドを侵食しようとしている――これは、これまでのクラウドコンピューティングのトレンドと同じくらい重要かもしれない。

【Tom Bittman, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(17):

従来の考え方に基づくIT運用では、ビジネスのデジタル化に対応できない。5つのステップを通じて、ITインフラおよび運用のアジャイル化を進める必要がある。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(16):

マーケティング部門がマーケティングテクノロジーソリューションを選択し、導入するケースは増加を続けている。これは、マーケティング部門が、IT部門のような考え方でソリューションを選択しなければならなくなってきたことを意味する。

【Chris Pemberton, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(15):

「マイクロサービス」に期待が寄せられる一方、この言葉を誤用しているベンダーやプロバイダー、アーキテクト、開発者も少なくない。今回は、私が作成した「マイクロサービスでないもの」のリストを紹介しよう。

【Gary Olliffe, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(14):

ディープラーニングおよび自然言語生成は、データ分析における標準機能になろうとしている。企業の担当リーダーは、これらの技術の適切な活用を進める必要がある。

【Kasey Panetta,Gartner】()
Gartner Insights Pickup(13):

最高セキュリティ情報責任者(CSIO)は、クラウドコンピューティングをめぐる不確実性を取り除く必要がある。

【Kasey Panetta,Gartner】()
Gartner Insights Pickup(12):

シャドーITは多くの企業ですっかり定着した。IT部門が社内ITの全権を握ろうとするのではなく、信頼されるコンサルタントになるための4つのコツをお届けする。

【Kasey Panetta,Gartner】()
Gartner Insights Pickup(11):

重大なセキュリティインシデントは、どの企業にとっても、“発生するかどうか”の問題ではなく、“いつ発生するか”の問題だ。

【Susan Moore, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(10):

ガートナーのアナリスト、アール・パーキンス氏とのQ&A。同氏は、IoTにフォーカスしたプロジェクトの多くで、従来のITセキュリティの枠を超えたセキュリティ対策が必要になってくると話している。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(9):

データとアナリティクスを担当するリーダー向けの戦略予測レポートを発表した。レポート作成に当たり数千人の顧客と話す中で、幾つかの重要な事実が見えてきた。

【Doug Laney, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(8):

ITインフラとオペレーションのリーダーは、従来の課題と、新たな変化に伴う課題の両方に直面している。

【Christy Pettey, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(7):

米Yahoo!は、約10億人分の個人情報が流出していたことが分かったと、2016年12月に発表した。この深刻な事件から、私たちは何を読み取ればいいのだろうか。

【Avivah Litan, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(6):

長期的な生産性上昇の鈍化が問題となっている。企業行動を特にテクノロジー投資の観点から観察すると、根本的な問題が浮かび上がってくる。

【Mark Raskino, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(5):

データレイクが盛んにもてはやされるようになって既に数年経つが、多くの企業で取り組みが難航している分野も幾つかあることが明白になっている。

【Andrew White, Gartner】()
Gartner Insights Pickup(4):

デジタル世界が複雑さを増す中、企業の経営陣は、アナリティクスに基づいて行動や意思決定を行う傾向が強まっている。

【Kasey Panetta,Gartner】()
Gartner Insights Pickup(3):

従来型の企業は、デジタルネイティブ企業の考え方に抵抗感を抱きがちだ。だが、そうした姿勢は通用しなくなりつつある。

【Kasey Panetta,Gartner】()
Gartner Insights Pickup(2):

われわれはデジタル社会のルールを理解しなければならない。その1つの重要な側面が“データのオーナーシップ”――誰があなたのデータ、あるいはさまざまなモノのデータを所有するのかという問題だ。

【Frank Buytendijk,Gartner】()
Gartner Insights Pickup(1):

事業のデジタル化で、セキュリティ責任者のデータセキュリティへの取り組み方は大きく変わろうとしている。「サイバーセキュリティ」から「デジタルセキュリティ」への移行でセキュリティ責任者が認識すべき、6つのトレンドを解説する。

【Kasey Panetta,Gartner】()

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。