ゲームの「敵」キャラで分かる「人工知能」の作り方

「ゲームの「敵」キャラで分かる「人工知能」の作り方」の連載記事一覧です。

ゲームの「敵」キャラで分かる「人工知能」の作り方(3) :

iPhone向け鬼ごっこアプリを作りながら人工知能(AI)について学んでいく連載。今回は、さらにゲーム性を持たせるため「経過時間によって鬼の移動速度が変わる」という修正を条件式を使って行い、その条件式をRule Systemsで管理する。

【杉本裕樹 , マネーフォワード】()
ゲームの「敵」キャラで分かる「人工知能」の作り方(2):

iPhone向け鬼ごっこアプリを作りながら人工知能(AI)について学んでいく連載。今回は、SwiftのGameplayKitでAIの敵キャラに、追いかける、避ける、逃げる処理を追加する方法を解説する。

【杉本裕樹 , マネーフォワード】()
ゲームの「敵」キャラで分かる「人工知能」の作り方(1):

iPhone向け鬼ごっこアプリを作りながら人工知能(AI)について学んでいく連載。Appleが提供する「SpriteKit」「GameplayKit」の2つのフレームワークを使いながらゲームAIを作っていきます。

【杉本裕樹 , マネーフォワード】()

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。