テクノロジー名作劇場

テクノロジー名作劇場 は、「バビル2世」や「2001年宇宙の旅」などの名作に登場するコンピュータ技術を現代の技術でひもとく、とても楽しい読み物です

あれって、AIですよね?:

手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――「鉄腕アトム」や「2001年宇宙の旅」に登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第1回は、横山光輝先生の「バビル2世」だ!

【米持幸寿(Honda Research Institute Japan) , @IT】()

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。